ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 「フランフラン」が「知らん知らん」 | ブログトップ | »

営業マンのモラル

苦麗夢所長:
来たぞ、来たぞ。

駄田研究員:
いったい、何が来たんですかぁ。「春が来た」なんてとんちんかんなこと言わないでくださいよぉ。

苦麗夢所長:
ばかもん。確かにオヤジギャグはオヤジの専売特許だが、今回はそんなんじゃナイアガラの滝。

駄田研究員:
ほ〜ら、ね。

苦麗夢所長:
す、すまん。いや、そんなことはどうでもよいのじゃ。このコーナーを始めてからいろんなクレームを研究してきたが、その中でも特に多いのが飛び込みセールスのクレームじゃ。だが、これまで紹介するに値する研究材料がみつからなかった。それが今回非常にわかりやすいパターンのサンプルが届いたのでご報告しよう。って按配じゃ。

駄田研究員:
会社にしろ、個人宅にしろ、いきなり来られて「買え買え」っていう感じですね。

苦麗夢所長:
押し売りみたいなもんじゃ。昔はゴムひもやらなんやら生活雑貨をトランクに詰めて家を回っていたもんじゃ。ちょっと脅しめいたコトバづかいでな。

駄田研究員:
し、しりませ〜ん。いつの時代ですか。

苦麗夢所長:
訪問販売法でその販売方法については法整備がなされているから、押し売りもいなくなったようじゃが、悪辣な販売をするセールスマンはまだまだおるゾ。

駄田研究員:
その悪辣セールスマンに関するクレームですね。

苦麗夢所長:
そうじゃ。まずは投稿をごらんあれ。社名はとりあえず伏せたがの。


〈都内にある企業が、『K株式会社』という先物取引の営業マン(27歳・入社3年目)の男に、飛び込みの勧誘を受けたので、断ったら、会社のポストを壊された。
捕まえて営業マンを警察に突き出したが、会社として被害届は出していない(会社としては公にしていない)が、腹立たしいことこの上ないので、クレーマーズレポートで取り上げてほしい。〉

と、まあこんな感じじゃ。

駄田研究員:
先物の勧誘は苦情も少なくないですねぇ。

苦麗夢所長:
最終的には、営業マン個人の資質なんじゃろうが、その営業マンを雇う会社にも当然責任はある。どんな教育をしとるのか。

駄田研究員:
ポスト壊されたら、郵便屋さんも困りますぅ。

苦麗夢所長:
君はホント賢いなぁ(汗)……関心するよ。

駄田研究員:
ありがとうございますぅ。

苦麗夢所長:
ほ、ほめておらんわぃ!!!
それにしても、断られた腹いせに器物破損とはホント情けない営業マンだ。伸びんよ、こうした我慢のできない男は。

駄田研究員:
所長もガマンが足らないのではぁ?

苦麗夢所長:
君を部下にしてることが、最大級のガマンじゃ。

財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.