ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« トラブル事例集 | ブログトップ | 「謝罪広告研究班」からのご報告 »

「謝罪広告研究班」からのご報告

本日、11月27日読売新聞朝刊に以下のお詫び広告が掲載されておりました。
これについて謝罪広告研究班からのご報告を申し上げます。


%A4%AA%CF%CD%A4%D30001.jpg

掲載した「あきんどスシロー蝓廚任蓮■嚇絞泙砲いて賞味期限切れの「粉末緑茶(持ち帰り用)」を誤って売ってしまったので、回収したいということなのだが、その文面の中に気になる一文がありました。

「賞味期限切れの『粉末緑茶(持ち帰り用)』を、店舗運営上の不手際によって誤って販売したことが判明いたしましたので〜」という箇所。

「店舗運営上の不手際」ってなんだ?

コールセンターに問い合わせてみましたところ、「日付確認の不徹底」とのこと。
それならなぜ「日付確認の不徹底によって」と書けば判りやすいのに。
あえて「店舗運営上の不手際」と書いて、消費者に混乱させようとしたわけでもあるまいに。

回収対象店舗は3店舗。3店舗が揃って、日付確認を怠ったってことなんだ。

そもそもその店舗へ発送するセンターがあるはずで、そこでも怠ったのでは?
いえ、むしろ、そのセンターが怠ったことを端緒として起きたこと。

「店舗で最終確認が出来なかったので」と言いますが、
センターできちんとできていれば、問題はないということで、
なんとなく、3店舗の店長の責任になっている感じがしないでもない。

しかし、それ以上に、お客様問い合わせ窓口の相談時間。
平日の10時から18時まで。
もしかしたら腹を壊す危険性を回避するための相談電話ですよね。
それなら、せめて1週間は24時間体制で対応してほしいものです。
決められた時間内だけに腹痛が起きるってこともありませんしね。

財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.