ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 「謝罪広告研究班」からのご報告 | ブログトップ | 「謝罪広告研究班」からのご報告 »

大崎水産の詭弁

昨年12月8日、10日の当研究所の報告で、
大崎水産の製品から大腸菌が検出され、
それが謝罪広告として記載されていたことをお伝えいたしました。

消費者として、大崎水産に電話をかけ、
同社ホームページに謝罪内容をなぜ記載されないのかと
尋ねたところ、
直ちに掲載すると、電話に出られた方はおっしゃっていました。

ところが、年もかわり、1月も終わり。
まったく掲載されません。

その後、保健所の検査により陰性という結果だから関係ないのでしょうか。
健康被害の報告がなかったからそれで良しとしたのでしょうか。

なら、電話をかけた一消費者に対しては、その場を取り繕ったのですね。

財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.