ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 本誌10年1月号既報「三洋電機の火を噴く洗濯乾燥機」で別の苦情が | ブログトップ | 万引き店員に対する対処のまずさ »

謹賀新年

本年も当クレーム研究所、ご贔屓にお願い申し上げます。

さて、今年最初のクレームです。

年末年始で溜まった空きペットボトルを
近所のスーパーの回収ボックスに入れるべき、
両手に袋いっぱい抱えていきました。
数本入れているところへ、
警備員がスタスタと寄ってきて、
「明日からにしてください」と。
見ると、小さく「回収は○日から」と記されています。
しかし、その告知があまりにも小さい。
前に訪れた人は、警備員に見つからず(?)
入れられたようで、回収ボックスを覗くと何本か入っておりました。
至近のコンビニでは、投函口が塞がれ、
○日より回収と大きく記されてありました。
見落とした方もいけなかったのでしょうが、
少なくともコンビニと同じようにするべき配慮があっても
よかったのではなかったでしょうか。
高齢者の利用も多いこの街、
そのスーパーはそうした高齢者向けに宅配サービスも行っております。
小さすぎる告知は、高齢者にはなおさらわかりにくいと思います。


財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.