ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 2006年09月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月24日
ソフトバンクの「予想外割」の欺瞞

番号持ち運び制度とやらが今日から発足とか。
それにしても、昨日の夜の民放テレビ局のニュースはひどかった。
4・8・10・12チャンネルのトップニュースがソフトバンクの「予想外割」のニュース。
ボーダフォン同士だと通話料やメール代がタダなどと、孫正義社長の記者会見を一方的に流していた。

ニュースを見ていた、ウチの娘なんぞ、半年前にポーダフォンからドコモに移ったばかりだが、昨夜のニュースを見て、「なになに、ソフトバンクに変えようかしら」なんていう始末。ニュースでは詳細を言わなかったが、今日の新聞を見ると、そんなに騒ぐサービスではない。

現在ポーダフォンに加入している人も新料金プランの契約を結ばなくてはならないみたいだし、その額も月額9600円。70%の割引があるようだが、これには裏がありそう。
長期契約で、途中解約なんぞすれば、ン万円の解約料が伴うはずだ。

しかも、他社携帯との通話料は割高になっている落とし穴もある。
従来のソフトバンクのエビタイ戦略は変わっていない。こんな囲い込みで本気で勝つつもりなのか。

もっとも、かくいう小生の携帯はというとソフトバンク。なにも、好きでソフトバンクに入った訳ではない。J-フォンとかに加入したのが、ボーダフォンになり、ソフトバンクと経営権が移っただけだ。ボーダフォンの時は酷かった。ボーダフォン買収と同時に家族間割引で土曜日曜は一分5円なんてサービスを喜んでいたら、半年あまりでそのサービスは一方的に打ち切られていた。

それが、ソフトバンクに移行。絶対に他社へ移ろうと考えていたが、調べて見ると「番号移行制度」は結構煩わしくて、金もかかる。このまま、いてもいいかなと思っているところに、新サービス。現在の客を大事にせずに、落とし穴的囲い込み料金を始める同社には愛想が尽きた。

このさい、若者の間ではやっているPHSに移るか。実際、安くて音もいいとか。

それにしても、このソフトバンクのニュースをトップに持ってこなかったのは、TBSだけだった。福島県元知事逮捕がトップ。他局はソフトバンクになにか義理でもあるのかしら。大々的宣伝ニュースだった。
老いたりといえども、筑紫哲也のニュース感覚はまともなようだ。
「みのもんた」が来春から「夜ズバッ!」をやるなんて話も流れているが
この元「報道のTBS」的感覚は保たれないだろうな〜。

2006年10月05日
感想(1)

▼職業柄からか、時事問題を扱った活字を追う機会がわりと多い。しかし最近、ストレートニュース以外でいい文章を読んだという実感がない。なにより、書き手の息づかいが聞こえてこない。言いたいことは理解できるが、思わず「本気かよ」と言いたくもなるものばかりが氾濫している。

▼収穫といえば、経済系総合誌Fの編集後記。こんな内容だった。二・二六で刑死した磯部浅一の天皇信仰に分け入り、誰よりも純粋に天皇を信じた者が、現実の天皇を信じなかったという「逆説」を導く。そして、例の「富田メモ」を難ずる靖国擁護派に対していう。「彼らもまた生身の天皇を信じない機関説論者ではないか」。

▼唸ってしまった。いるもんだなあ、こういう歴史認識のできる人が。しかも、ニュース現場の最前線に身をおくジャーナリストの中に。というと怒られるかもしれないが、案外当たっていると思っている。いま、ジャーナリズムに歴史の「逆説」を嗅ぎ分ける感性があるか。

▼この「逆説」を、文学は「イロニイ」といい、思想は「アポリア」とよぶ。わが国の近代史につきまとう最大の難問である。主張したことが、当人の意図にかかわらず、なぜか真逆の結果を生んでしまう。たいていの主張は良心や正義感に基づくだけに、タチが悪い。要するに、個人の問題ではなく、近代日本の構造の問題なのだ。

▼安部政権になって、教育基本法や共謀罪、憲法改正など、ますますキナ臭い動きが続いている。あえて挑発的にいえば、これらはそう遠くない将来に成立するだろう。政治家や党、学者、市民、ジャーナリズムの「反対」の声に後押しされて。では、いま何をすべきか。はっきりした答えは、どこにもない。


カテゴリー
検索

最近のエントリー
最近のトラックバック
最近のコメント
財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.