ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月29日
『週刊ダイヤモント』増刷

今週月曜発売の『週刊ダイヤモンド』が増刷に入ったという。
今週の特集は 〔「投信の罠」銀行・証券・郵便局の言いなりになるな!〕。

都内大手書店の書棚からすでに発売当日に品切れとなっているところも出現していたが、増刷とは。ウーム。
業界は発売前から戦々恐々だったとかで、投資信託協会はいち早く土曜日の段階で見本刷りを入手。対策の協議を行ったと伝えられていたが、窓口の対応マニュアルなどの作成も行われたとか……。

特集のなかには投信のセット販売への批判もあるが、これに驚いたのがセット販売の展開を計画していた民営化郵政。波紋は関係業界すべてに広がっているようだ。

2006年11月28日
アホらしき自民党復党劇

郵政造反組が自民党への復党がかなうそうです。 「踏み絵」だなんとか言われてましたが、要は自民党という大看板が欲しかっただけ。
郵政民営化に反対して選挙選を戦いながら、選挙後は郵政法案に賛成するというアホな人々が自民党を名乗れると喜んでいらっしゃる。なんとも阿呆らしい結果だ。
昨日の『日刊ゲンダイ』が「踏み絵」に描かれているのは小泉純一郎前総理だったとのオチのマンガがありました。しかし、「踏み絵」に描かれていたのは有権者=国民そのものだったのだろう。
飲み込んだ自民党もこれでかつてのようなウィングの広い政党になったのではない。政党そのものを放棄したのだろう。
こんな政党が愛国心を鼓舞されるのだから「教育基本法」もクソもない。「美しい国」もクソもない。自分の信条をねじ曲げてまで郵政民営化に反対したり、賛成したりの国会議員。自分の信条とは裏腹に「極秘裏の靖国参拝」で事を済まされる一国の宰相。そんな人々が「愛国心」なんて言葉を口にするのはとても悲しく、恐ろしい光景だ。

創業家と企業の御家騒動

このところ、同族企業の御家騒動が続いている。

セイコーインスツルに住生活グループ。
キリンに身売りしたメルシャンのM&Aも根は創業家絡みのようだ。

セイコーの件は、格好の週刊誌ネタだった。11月27日発売の『週刊ポスト』は、「セイコー創業家一族会長と“美人占い師”の異常な蜜月」と銘打ってその背後関係をスクープした。先週発売の『週刊春秋』が特集コラムで流したけれど、このポストの取材は恐れ入った。もちろん、女性占い師の存在は会社側のリークなんでしょうが。興味深く読めました。

創業家の御家騒動としては、ファナックの会長追放劇や住生活グループのトステムの社長追放なども起きている。メルシャンのキリンへの身売りも創業家の意向が見逃せないという。それぞれの事情は異なるがなぜ、今年はこんな問題が噴出するのか。各社の事情をじっくりと追跡してみますか。

創業家といえば、人材サービス最大手のクリスタルの創業オーナー・林純一氏がすべての持ち株を手放して、グッドウィル・グループに売却した。違法行為で関連子会社が業務停止命令をうけて、大打撃を受けたばかりのクリスタルの買収だけに、グットウィルのリスクも喧伝されている。こっちも興味深い案件です。

さて、ZAITENは年内に2冊を発行します。

1月号は今金曜日の12月1日発売。そして2月号は12月26日発売。
今週末は忘年会というが、とてもじゃないけどまだまだそんなモードには入れない編集部です。

2006年11月20日
酒とタバコとストレスと・・・・

趣味と実益を兼ねて、連日のように呑みに出かけることも少なくない。

昨日(19日)付けの朝日新聞朝刊1面に飲酒と喫煙は食道がんのリスクを
10倍高めるという記事が出ていた。
確かに、酒席とタバコの関係は相思相愛だ。ともに悪循環を助長させる意味でも。
しかし、どちらが欠けても酒席は盛り上がらない(と個人的に思う)。

11月10日に63歳で亡くなった、はらたいらさんの死因は肝不全だった。
夕方5時から呑み始めて、店をハシゴし、1晩でウィスキーボトルを1本
空けることも、少なくなかったとか。

話は変わるが、先日、某企業の社長が経営するバーに行ってきた。
そのバーには社長もよく顔を出すそうだが、店員(バーテン)いわく
「最近、姿は見ませんね」とのこと。1カ月前くらいから、その社長の体調が芳しくないと
聞いていただけに、バーテンの話もあながち嘘ではないのかもしれない。
その夜、「彼は癌だよ」という話を全く関係のない職種の人から聞いた。
大酒飲みと聞いたことはなし、本人も健康には気を遣っていそうだから、
そう考えると、(真意の程は別として)ストレスからきた癌なのだろう。

酒を飲んでも癌になる、タバコを吸っても癌になる、ストレスがたまれば
それはそれで癌になる。
「酒は百薬の長」、「十食よりも一酒」、「酒は飲んでも呑まれるな」を
モットーにしていたが、食道がんと肝不全のリスクを考えて、酒生活を
少し改めようかなと思った。が、やはり、何をしても癌になるなら、好きなように
生きようかなと思う。

まだ20代ですけどね。


カテゴリー
財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.