ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 『週刊ダイヤモント』増刷 | ブログトップ | ノロウイルスの大流行 »

日本航空のホテル売却

12月8日の日経新聞が、「全日空が国内全13ホテル売却」と一面トップで報じた。
一方、毎日新聞が経済面で日本航空が6ホテル売却しする予定で、この売却が完了すれば、グループの所有ホテルはなくなると報じた。

この日航の記事はなんなんだ。
実は、『ZAITEN』1月号(12月1日発売)で、「日本航空が全ホテル売却か 有名ホテルの争奪戦が始まった」の記事を載せており、この通りとなった訳なのだが……。

この記事をめぐってはちょっと騒動がありました。
ある読者の方から、「ZAITEN」の記事にすでに2ホテルを売却したと書いてあるが本当か。日航のIR担当に電話して聞いたら「一切事実無根」と 担当者のAさんが対応したとのことで、当方でも再度確認をとっている最中だったのです。

事実無根というからにはなにかよほどの根拠があるのか。ウ〜ムッ。
で、その読者から再度のメールと毎日の記事で、ZAITENの記事が正確だったことを今朝確認できてホッ。

だが、待てよ、ZAITENは2ホテルをすでに売却と記した。ところが、毎日の記事をよく読めば、日航グループ全63ホテルのうち57ホテルをすでに売却しており、残り6ホテルを売却予定とある。つまり、すでに売却したのがいつの時点なのかわからないのだが、当方の記事の2ホテルをすでに売却のレベルではなかった訳だ。

問題は日航の姿勢だ。

当方の記事が「事実無根」だと説明したり、だけの問題だけではない。
日航の子会社JALホテルは7月10日に上場計画の記者発表まで行っているのだ。「2008年度の上場を視野に入れシナリオを作成」とある。だが、その後、ホテルを密かに売却していたのだ。

これがなに意味するのか。これ以上は書くまい。

ちなみに、これを書いている8日午後1時現在、日航のホームページにはすでに57ホテルを売却したことも、全ホテルを売却予定であることもその告知はない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zaiten.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/33

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



カテゴリー
財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.