ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月02日
野村証券インサイダー事件で関係組織は大わらわ

野村証券の元社員のインサイダー事件を受けて、関係当局・組織も大変なようだ。

金融庁は4月28日に、証券会社各社に対し、M&A教務などを手がける役職員全員の株売買に対して取引実態を把握するよう緊急通達を出した。通達は監督局長名で、インサイダー取引防止のため詳細な指示が出された。

同じ日、東京証券取引所の齋藤淳社長も、証券会社にインサイダー防止の徹底を要請している。

今年に入って、印刷会社、テレビ局、公認会計士とインサイダー取引で摘発を受けていただけに、業界関係者は「次はどんな業種がやられるのか。官僚か政治家か」などと興味津々であったが、摘発は証券会社最大手に来ただけにショックはなおさら大きかったようだ。

企業の機密情報を入手できると組織といえば、結構広い。

大元の取引証券所も、内部に対して徹底注意を与えたという。
東証は齋藤淳社長名で全社員にインサイダー防止の徹底注意のメールを配信したという。
東証の場合、内部規則で株取引の禁止を行っているが、ETFなどの指数連動型上場投資信託は許可しているため、株取引の口座は持てるという。このため、異例のメール配信となったようだ。

ともあれ、ある中国通との席で、
「中国ではSECのような組織の人間は立派な家を建てたりしている」
との話。へえっ〜て盛り上がりました。あくまで、中国のお話です、念のため。



カテゴリー
検索

最近のエントリー
最近のトラックバック
最近のコメント
財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.