ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

« 2014年08月 | メイン | 2014年10月 »

2014年09月29日
『ZAITEN』11月号は10月1日発売です!

『ZAITEN』11号は10月1日(水 )、全国の書店にて発売です。
ご注文は『ZAITEN』ホームページまでどうぞ。

デジタル版は下記サイトでお求めになれます。

デジタルe−hon

雑誌オンライン

富士山マガジンサービス

ソニー「Reader Store」

201411.jpg

■特集 元祖ブラック企業教祖
「稲盛和夫」と「盛和塾」

斎藤貴男「経営の神様」の仮面を剥ぐ

ジャーナリスト 斎藤貴男
京セラや第二電電(現KDDI)の創業者で、日本航空(JAL)を再生させるなど、いまや「経営の神様」と呼ばれる稲盛和夫氏。経営本を出せばたちまちベストセラーとなるが、その中身と実際の言動には大きなギャップがある。彼は本当に「神様」なのか。

ぴあ・矢内社長「クーデター鎮圧」稲盛教祖の大恩
本誌特集班

熱烈な牋霎洪者畉篷楴卍垢痢峅兇離侫譽鵐繊彎緇豬弉
本誌特集班
ミュージシャンの囲い込みなどでジャズ音楽界で俄かに注目を集める「俺の株式会社」坂本孝社長。盛和塾のメンバーで熱心な牋霎洪者瓩虜篷楴卍垢世、その成功を受け株式上場も進めているという。

稲盛本から透けるブラック企業の源流
評論家 竹田隆彦
街の本屋に溢れる稲盛ビジネス本。今年6月には「門外不出」とされた『京セラフィロソフィ』が一般刊行され、早くも15万部のベストセラーに。その中身を読んでみると……

宗教学から読み解く「稲盛教」の特質
宗教学者 島田裕巳
稲盛和夫氏の経営哲学である「稲盛フィロソフィ」には、宗教色の濃い言葉が数多く散りばめられている。稲盛自身も実際に出家するなど、宗教との関係は深い。宗教学の見地から「稲盛教」はどのように見えるのか。

稲盛和夫「地元トリビア」
.ネも出すが口も出す度が過ぎる爛汽奪ー狂
胸像に手を合わせる?もはや生き仏の聖域

JALの隠れ蓑と化す「稲盛フィロソフィ」

ジャーナリスト/嘉悦大学准教授 小野展克
-------------------------------------------------------------------------
■企業
関空・伊丹「高値売却」に霞が関の狄畦権
ジャーナリスト 幅 耕平
談合、汚職に塗れた歴史を有する関西国際空港。空港行政に無策の官僚は高額な運営権売却を打ち出した。

「MRJ購入」で自民党にすり寄るJAL植木社長の揉み手
ジャーナリスト 藤島 貢
発着枠や政府専用機整備事業もANAに奪われたJAL.MRJ大量購入で自民党へ媚びる姿勢が見え見え……。

JR東日本が狙う「羽田空港新線」の実現度
ジャーナリスト 山角太久夫

「北陸新幹線開通」祝賀ムードの陰に募るJR西日本の不安
ジャーナリスト 浜村 淳一

ソニー「虎の子SCE」を蝕む創業家・前社長の狆霄多融
ジャーナリスト 迫田正宗
凋落ソニーにあって好調を維持するソニー・コンピュータエンタテインメント。しかし、SCE首脳陣の実像は……。

復調ルネサスに「存在感ゼロ社長」と「革新機構の足枷」
ジャーナリスト 田宮唯人

パイオニア 世界シェア1位事業「一転売却」の断末魔
ジャーナリスト 小池雅人

大株主「夢真HD」登場でも続く小僧寿しの迷走
ジャーナリスト 高橋篤史

IIJ勝栄二郎社長「奮闘すれども報われず」
ジャーナリスト 友田享彦
財務事務次官からIT企業トップに転じた勝栄二郎氏。異例の天下りに注目が集まってから1年が過ぎたが、当のIIJの業績は冴えないでいる――。

名古屋港社長に担ぎ出された
79歳生田正治元日本郵政総裁

矢吹 俊

老害財界人の「暴言・妄言録」
井上 弘TBSホールディングス会長
-------------------------------------------------------------------
■金融
独立経営路線の新たな“生き残り戦略
三井住友信託 常陰社長が仕掛ける「生き残り連合」
ジャーナリスト 円城寺真紀
独立経営路線を貫く三井住友信託銀行の常陰均社長。3メガバンクへの新たな対抗戦略は、横浜銀行など有力地銀連合による「第4極」作りだ。成功すれば、金融界の勢力図が大きく変わることになる。

日本郵政
西室「上場計画」に包囲網

ジャーナリスト 真野響介
来秋の株式上場を目指す日本郵政に、永田町では反対論がくすぶる。西室社長は強気の姿勢だが、内部からも上場先送り論が出始めている。

日銀 背後からの圧力強化で「地銀再編」加速
星野建資

みずほ銀行猗深勠瓩鯊世蕕擦慎されざる「杜撰融資」
ジャーナリスト 加藤富美男
公判が回を追うごとに明らかになるエステート24とみずほ銀行の融資関係。内実をみると、この銀行には「反社取引追放」の意識が欠落していたことがわかる。

細溝金融庁「脱畑中路線」のバブル行政
ジャーナリスト 大岩達也
7月に畑中龍太郎氏の後任として金融庁長官に就任した細溝正史氏。3年間続いた「畑中時代」から路線を大きく転じようとしているが――。

東京・舛添知事が囃す「公金で株運用」の危険度
ジャーナリスト 真岡 茂
GPIFの株式運用比率の向上が確実視される中、東京都からも「公金の株式運用」構想が浮上している……。
--------------------------------------------------------------------------
■Reprt Z
高橋洋一 嘉悦大学教授 
「財務省爍歌統計瓩読めないマスコミの無能」
今年4月に消費増税が実施され、消費マインドが落ち込む日本経済。安倍政権による10%への再増税の判断を前に、景気低迷を示す統計数値が発表されるなか、なぜか財務省だけは強気の姿勢を崩していない。
馬毛島の大地主「立石建設」に中国企業が再び触手
ジャーナリスト 山口義正

「マグロ漁獲量半減」水産庁の不公平規制の背後に石破地方再生相
ジャーナリスト 横田 一

東証2部「アジア・アライアンス」に告発の包囲網
ジャーナリスト 山口義正

京急電鉄「カジノ構想」の猗深匏弍牒
本誌編集部
秋の臨時国会でカジノ法案が審議入りするのを前に、京急電鉄が「カジノ構想」を発表。しかしその直後、日本のギャンブル依存症が成人の約5%、20人に1人に上ることが判明し、社会に衝撃を与えた。同社は依存症対策をどう考えているのか。

ソニー&バンダイナムコ「ロリコンゲーム」に世界中から非難殺到

女性から大顰蹙の「生理用ナプキンCM」を放送中止にせよ
----------------------------------------------------------------------
■ゴルフ
暴力団組長雄ゴルフプレー「無罪」で露呈した
アコーディア、PGM「暴力団排除」にやる気なし
本誌編集部
暴力団等反社会的勢力の排除を高らかに謳うゴルフ場業界。しかしポイントカードやWeb会員に潜む反社を見抜く努力はされていない。
-----------------------------------------------------------
■広報・宣伝:
素朴な疑問なんですが…
グラクソ・スミスクライン 
歯槽膿漏予防歯磨きCMが汚らしい

余計なお世話なんですが…
日本ハム 
保存できないハムの包装に改善策は?

あきれた広報実話
慶応義塾幼稚舎

■顧客対応
クレーマーズレポート
慶應義塾幼稚舎
登下校の児童のマナーが悪すぎる!

■新連載
スナック神田橋「ママの内緒話」

■連載
あの人の自宅
IIJ
勝栄二郎 社長

安冨歩東京大学教授の「王様は裸だ」第4回 
広島から始まった「日本陥没」

倉山満「日本を亡ぼすバカとワル」第5回 
谷垣禎一(自民党幹事長)

横田由美子の
「霞が関官僚実名録」

ニッポンのジョーシキは
世界の非常識 第8回
米国ではありえない批判記事広告の黒塗り

著者インタビュー
大鹿靖明
『ジャーナリズムの現場から』

高橋利行の永田町コラム

プリーズ、虫めがね!
プリーズ、携帯電話!

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ


カテゴリー
検索

最近のエントリー
最近のトラックバック
最近のコメント
財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.