財界展望  2003年12月号
■総 力 特 集
銀 行 「再 生 遠 し」
 「支援する企業」と「見捨てる企業」はどこだ!
[極秘資料流出!]
 東京三菱銀行「危ない会社」実名リスト

 「みずほ国有化計画」と同時に竹中金融大臣が虎視眈々
地銀、第二地銀を襲う7つの時限爆弾
 三菱信託銀行の不良債権処理の後始末
「ゼネコン」不良債権を
 高額で買い取った鎌倉市の不可解

 2兆円の公的資金を注入された
りそな銀行の「緊密者」
 船場産業が大量株式放出の謎
■企 業
 銀座の土地「一極高騰」のなか
「松屋」「小松ストアー」の土地資産を狙う外資
■特 集
企 業 の 盛 衰
 活力を取り戻した紙・パルプ、鉄鋼、自動車と意外な「負け組」
「活力復活業種」と「未だ復活せず業種」地図
 死に体≠ニいわれながら何故か倒産しないできた
フジタ、熊谷組、飛島建設、ハザマは本当に生き残れるのか
 取引業者も固唾をのんで見つめる
地方の業績不振企業を襲う
 「産業再生機構送り」報道の風評被害

 市場も業界もそっぽを向いて
ウォルマートの「限界」と傘下・西友の先行き不安
■ゴルフ場
 吉崎前オーナーに破綻の謎を直撃
[提示されない再生草案]
「緑営グループ」4万人会員の不安と疑心
■環 境
 食卓に忍び寄る魔の手――食品添加物から環境ホルモンまで
MSG―「キレる子ども」「凶悪犯罪」と食の崩壊を結ぶ点と線
■財展レポート
 「ヤフーBB勧誘員は光通信の社員?」の噂まで
アリコのトップ代理店に踊り出た
 光通信の知られざる本領発揮

 点検商法の社会問題化もあって…
キャッツ(東証1部)にSECの注目と突然の社長退任
 地元住民を巻き込んで10年間も迷走
大分市を揺るがし続ける
 「ボートピア(場外舟券発売場)」誘致計画の怪
■好 評 連 載
今月の逮捕状・訴状・怪文書・調査報告書
 激動日本経済の中の「都道府県人脈」
新・大東京の中の大阪人
 国税記者の脱税事件ファイル
K・1脱税事件に目隠れする「現役・国税局員」の影
 石井館長が頼った“イトマン事件の怪人”

 ─資産を銀行・郵便局に眠らせるな─
B・フルフォード(『フォーブス』東京支局長)の「日本再生」真書
今月の雑誌目次タイトル「ランキング」
兜町/北浜パトロール
証券記者の兜町見聞録─業態転換持株会社に注目集まる
  …その他 好評連載
■真相海流
■財展ジャーナル
■今月の一行情報