財界展望1999年9月号のご案内

 
 
 
 
「JR大再編」が始まる
JR「北海道・四国・九州」は本州3社の子会社化
JR貨物が日本通運に売却される

「国鉄改革の旗手」
住田正二
JR東日本取締役最高顧問の“光と陰”

今やサラ金地獄状態
「旧国鉄債務」60年分割返済の“大茶番”

加藤寛氏(元国鉄再建管理委員会委員長代理)インタビュー
「苦しくてもJR各社は独立してやれ」










孫正義ソフトバンク社長
「救世主」か「破壊者」か

米国「ナスダック市場」の
すさまじきハイリスク

インターネット証券取引に参入する「意外な人々」
東京証券取引所はナスダックを迎え撃てるのか
長銀が救った「ヤオハンCB」
新市場で個人投資家は食い物にされる




東京相和銀行が破綻への道を辿った
「もう一つの理由」

地銀・第二地銀再編台風の目になる5人の実力者たち
地銀「1県2行地図」をズバリ予測する

東京相和銀行、新潟中央銀行、幸福銀行、東和銀行、大光銀行、なみはや銀行ほか
第二地銀の系列ゴルフ場に高まる
「会員権紙クズの不安」


裏券疑惑も飛び出す
東京国際ゴルフグループの「経営危機説」

 
 
 
 
東邦生命を食いつぶした
太田清蔵元社長の大罪

長田庄一東京相和銀行前会長の
仰天蓄財システム

 
 
 
起こって当然
東芝「クレーム処理大失態」事件に
“事件OBの存在”

商工ファンドが今なお続ける貸金業法違反の手口





マル秘文書入手
ある薬品会社の病院関係者への接待攻勢リスト

“兜町の風雲児”古倉義彦三洋投信委託会長の解任騒動
債権放棄ゼネコン
青木建設がなんと「業者の債権を放棄」

大株主にもてあそばれた東海観光の悲劇

防衛庁「三菱重工への損害賠償請求」はどこまで本気か
いよいよゼネコンに「本格的淘汰の波」が襲いかかる



外資系広告代理店
マッキャンエリクソンの“管理職狩り”の壮絶

絶好調スカイパーフェクTVに「大分裂」の危機

有価証券報告書に「倒産リスク情報」が開示される
「健保破綻」でも選挙が恐くて改革打ち出せない自民党

米中韓が日本抜きで進める「日朝国交正常化」

 
 
小豆相場大暴騰を演出した“謎の男”
日本開発銀行が「債務超過会社」に
500億円の“無担保融資”

ゴミ焼却炉談合の温床は厚生省直轄財団法人だ



●カスミコンビニエンス訴訟の和解金額に衝撃受ける大手本部●丸紅への嫌がらせを続ける航空自衛隊の“自衛隊”●新潟中央銀行が不良債権飛ばしを行っていた元EIE本社ビル計画土地