ZAITEN2022年07月号

【対談】佐高信の賛否両論

佐高信vs.西山太吉 より劣化する日本の「密約民主主義」

カテゴリ:TOP_sub

にしやま・たきち――1931年山口県生まれ。慶応義塾大学法学部卒、同大学院修士課程修了後、毎日新聞社入社。同社勤務中72年沖縄返還を巡る密約取材により国家公務員法違反容疑で逮捕、78年最高裁で有罪確定。2005年謝罪と損害賠償を国に求め提訴したが、敗訴。08年外務省・財務省への情報公開請求に加わったが「不開示」処分。改めて密約文書開示請求訴訟を起こし、東京地裁で全面勝訴したが、東京高裁は原告の請求を棄却、14年最高裁で上告棄却。著書に『記者と国家 西山太吉の遺言』『決定版 機密を開示せよ―裁かれた沖縄密約』『沖縄密約―「情報犯罪」と日米同盟』など。


佐高 西山さんに一番お聞きしたかったのは、「自民党宏池会の真髄とは何か」という話です。池田勇人を総理にするために生まれた宏池会は、自民党ハト派の名門派閥として今日に受け継がれています。しかし私は、その延長線上にいるはずの首相、岸田文雄は全く評価に値しないと考えます。西山さんは毎日新聞の政治部時代、宏池会の黄金期を取材してこられましたよね。

西山
 私の政治部の12年間は、宏池会とともにあったと言っても過言ではありません。経済部から政治部に移ったのが1960年、ちょうど安保闘争の最中のこと。間もなくして岸信介内閣が倒れ、池田内閣が始まり、大平正芳が官房長官に就いた。偶然にも私は大平と遠戚で、官邸詰め記者として信頼関係を築きながら、政権や自民党内の動向を掴んでいきました。その後は霞クラブ(外務省担当)や平河クラブ(自民党担当)でキャップを務め、政局や外交、沖縄返還交渉を取材。72年に沖縄返還の密約の一端を暴き、例の事件で一審無罪判決が出た後、毎日新聞社を辞めました。

佐高
 その間の政権は池田、佐藤栄作、そして大角(大平・角栄)連合の田中角栄ですね。西山さんは大平正芳に食い込んで、何度もスクープを連発していた。

西山
 知っての通り、大平は池田の右腕中の右腕で、角栄とは盟友関係でした。そして私は大平を「お父ちゃん」と呼ぶ、いわゆる〝一番記者〟。もうね、重要情報は全部筒抜けやった(笑)。例えば政治部2年目の61年、私は第2次池田内閣の改造人事をすっぱ抜く特ダネで一面トップをとりました。改造内閣のメンツは、安保を巡って対立していた佐藤栄作と河野一郎、三木武夫らを同時に入閣させる「実力者内閣」でした。

佐高
 主流派と反主流派をひっくるめて、全て閣内に入れた。

西山
 もともと池田内閣は池田・佐藤・旧岸の主流3派を主軸にしていた。そこに新安保調印に批判的だった河野や三木をあえて入れる。そうすることで、挙党一致体制の構築を図ったのです。私は、この手法は宏池会の精神をよく表していると思いますね。  もともと宏池会の名称は中国の後漢時代の漢詩からとられています。「高崗の榭に臥し、以って宏池に臨む」。何事にも動じない綽々とした気構え。〝寛容と忍耐〟でとことん話し合い、調整して結論を出す。それは日本の民主主義の適切な方法でもある。

佐高
 大平は政界屈指の知性派でしたが、芯も太かった。若き日の加藤紘一が「将来、大平さんに追いつかないだろうなと思うのは、あの強さだ」と語っていました。


......続きはZAITEN7月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】「アクティビストファンド」勝手番付

【特集】株主の声が遠ざかる「バーチャル総会」の変

佐高信vs.西山太吉 より劣化する日本の「密約民主主義」

三菱電機〝引責前任の置き土産〟社長

JTロシア危機でオレ様「寺畠社長」のクビ寒し

元エース記者が告発本『朝日新聞政治部』で木村元社長に宣戦布告!

スネ夫「茂木敏充」の愛されない理由

星野リゾート 予約は面倒でも「しょうがない」のホンネ

【特集】大学10兆円ファンドを主導する「学者政商」の正体

EY新日本が顧問に招いた「元金融庁幹部」の〝不都合な過去〟