株主総会

2022/08/01

LIXILを奪った「瀬戸欣哉」の不都合な真実

「ガバナンス」なる言葉が独り歩きしている―。さながら〝錦の御旗〟よろしく振りかざされる様は、 勝てば官軍負ければ賊軍の体。創業家との激闘の末、LIXIL社長に収まった瀬戸欣哉もこの類のようで……。

LIXIL、ZAITEN2022年09月号、株主総会、瀬戸欣哉、秋場大輔

2021/06/02

【株主総会特集】"番犬"も逃げた「東芝」臨時総会"敗戦"の内幕

大山鳴動して“車谷”一匹――。物言う株主との死闘を演じた没落の名門企業、東芝。迷走の全責任は前社長、車谷暢昭に帰されるが、その陰で“番犬”たちも早々に逃げ出していた。株主対策を巡る東芝の益なき苦闘、その舞台裏とは……。

IRジャパン、ZAITEN2021年07月号、アイ・アールジャパン、アイ・アールジャパンホールディングス、三井住友信託銀行、東芝、株主総会、車谷暢昭

2021/06/01

【株主総会特集】「バーチャル総会」は経営陣の隠れ蓑

新型コロナウイルス禍を受けて急増する我が国上場企業のオンライン型株主総会。しかしバーチャルとなることで、これまで以上に一般株主は経営陣を糾弾できなくなる可能性も高い――。

ZAITEN2021年07月号、バーチャル総会、株主総会

2021/06/01

【特集】愛と裏切りの「株主総会」

株主と経営陣が唯一対峙する場、それが「株主総会」である。しかし日本企業では長く、如何に株主総会を〝シャンシャン〟で終わらせるかが、経営者の力量のメルクマールとされてきた。しかし、アクティビスト(物言う株主)の台頭でそのような総会の光景も一変しつつある。図らずもそれを露呈したのが、かつての名門企業で、いまや国策の具に堕した東芝の総会に他ならない。超名門企業から地方の一族経営企業まで、株主総会の裏側を追った――。

IRジャパン、MBO、TOB、ZAITEN2021年07月号、はるやま、アクティビスト、天馬、太田洋弁護士、日本アジアグループ、村上ファンド、東芝、株主総会、物言う株主

ZAITEN 2022年9月号

ZAITEN 2022年9月号
2022年8月1日発売 ¥1,100(税込)

最新記事

上海電力を日本に招き入れた「日立製作所」の原罪

玉木正之 vs. 小林信也 「高校野球〝夏の甲子園〟を廃止せよ」

佐高信×落合恵子 「安倍氏死去」で思った〝知性〟の在り方

セイコーHD「服部真二」成り行き経営の末路

エーザイ「不肖の婿殿」が〝病院乗っ取り稼業〟