ZAITEN2020年11月号

2021/05/13

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営【5月13日全文無料公開】

「同業首位の絶対死守」を掲げ、ナンバーワン商社を標榜してきた三菱商事。しかし、2021年3月期決算は伊藤忠商事が5年ぶりに首位を奪還、片や三菱商事の最終利益は20年3月期比67.8%減の1725億円と、2位どころか4位に転落した。民放キー局で揶揄される「振り返ればMXテレビ」よろしく、過去最大の赤字に沈んだ住友商事の"上"という「振り返れば住商」の体たらくなのである。三菱商事からすれば、この失態の理由を新型コロナウイルス禍に転嫁しているようだが、果たしてそうなのか――。すべての経営責任は、社長在任5年を迎えた垣内威彦に帰せられるのが筋であることは言うまでもない。コロナなど、その目くらましに過ぎないのだ。そこで、本誌「ZAITEN」は垣内本人の責任を問うべく、20年11月号(同10月1日発売)掲載の特集レポートを特別に全文公開したい。本稿で描かれるのは、特異なパーソナリティを持ったトップを戴く巨大企業の暗澹とその必然であり、まさに「魚は頭から腐る」の一例と言えよう――。

ZAITEN2020年11月号、三菱商事、中西勝也、垣内威彦

2020/10/07

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営

2016年3月期の初の赤字転落の衝撃の中で社長就任を余儀なくされた三菱商事の垣内威彦。「総合商社首位の絶対死守」を公約に掲げ、20年3月期も決算会計の妙手で、追い上げる伊藤忠商事を出し抜き、辛くも首位を守り切った。しかし、商事内部では、「飼料部門出身」を殊更に強調する、垣内の珍奇なパーソナリティに由来するとされる〝恐怖政治〟が横行。近臣を重用し、女性秘書ですら異例の栄達に浴する一方、役員までが「物言えば唇寒し」の体で垣内に戦慄する有り様という。新型コロナウイルス禍にも即応できず、21年3月期は首位防衛にも暗雲が垂れ込める。果たして「丸ノ内の紳士企業」で何が起こっているのか――。

ZAITEN2020年11月号、三枝則生、三菱商事、中西勝也、伊藤忠、佐々木幹夫、吉田真也、垣内威彦、増一行、小島順彦、小林健、村越晃、松永愛一郎、高岡英則、鴨脚光眞

2020/10/07

龍角散「コロナに効く」を連想させるテレビCM

CMキャラクターが新型コロナウイルスにしか見えないんですけど――。

ZAITEN2020年11月号、テレビCM、龍角散

2020/10/05

商工中金「コロナ対応新聞広告」で社長の宣伝!

中小企業を支援する役割を担う政府系金融機関のコロナ対応の告知のはずが……。

ZAITEN2020年11月号、商工中金、関根正裕

2020/10/01

富士ゴルフコース"取材"に慌てて「コロナ対策」

「3密」にならないゴルフは新型コロナウイルス感染とは縁遠いスポーツとされて賑わいを見せている。だが、このコースだけはサービス業とは思えない運営がなされていた。しかも、本誌が取材を申し込んだところ……

ZAITEN2020年11月号、富士ゴルフコース、富士急

2020/10/01

「ギャツビイゴルフクラブ」批評

「ツンデレ」か「デレツン」か、究極の選択を迫られるゴルフ場

ZAITEN2020年11月号、ギャツビイゴルフクラブ

2020/10/01

東海大学「コロナ病院」開設に前のめり山田学長の"下心"

小池百合子都知事が主唱した「コロナ専門病院」の設置。東海大学が名乗りを上げたが、学内ナンバー3の山田清志学長には〝別の野望〟があるという。学内外で反発の声が上がるのだが……。

ZAITEN2020年11月号、こどもの城、コロナ、小池百合子、山田清志、東海大学

2020/10/01

邪悪な「スガノミクス」新型利権政治の正体

自民党内の派閥力学の結果とはいえ、久方ぶりの〝叩き上げ政治家〟が我が国宰相の地位を掌中に収めた。発足直後の支持率も上々で、菅義偉内閣に対する国民の期待値は高まっているように見えるが、その本質は、前政権とは異なる〝邪さ〟を孕んでいる――。「規制改革」を御旗に掲げるものの、新首相の菅が重用するであろう人物たちを見れば、その意味するところは自ずと明らかになるだろう。小泉純一郎政権を駆って、我が国経済の風景を一変させた竹中平蔵をはじめ、「成長戦略」をダシに、むき出しの縁故資本主義がより強烈な形で我が国を覆い尽そうとしている――。

SBI、ZAITEN2020年11月号、北尾吉孝、和泉洋人、竹中平蔵、菅政権、菅義偉

2020/10/01

武田薬品で始まった「高額退職金リストラ」

武田薬品では、経営不振企業と変わらないリストラが進められているらしいが――。

ZAITEN2020年11月号、クリストフ・ウェバー、リストラ、岩崎真人、武田薬品

2020/10/01

三菱地所が放置「共用部分」の手抜き工事

多くの購入者にとっては、人生で最も高い買い物であろうマンション。しかし、事業者を信用すると痛い目を見ることになりかねない。たとえ大手デベであろうと――。

ZAITEN2020年11月号、マンション、三菱地所、住宅トラブル

ZAITEN 2021年6月号

ZAITEN 2021年6月号
2021年5月1日発売 ¥1,100(税込)

最新記事

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営【5月13日全文無料公開】

NEXCO東日本「住民分断」の陥没事故対応

【NHK特集】NHK幹部「前田会長降ろし」の新局面

【全文掲載】【NHK特集】NHK放送センターは「渋谷」から移転せよ!

ウーバーイーツ「危険運転配達員のクレームは警察へ」と案内!?