パワハラ

2020/12/04

「凄惨パワハラ」内部告発

 本誌編集部には数多くの情報提供がもたらされているが、近年、パワハラ、セクハラといったハラスメント関連の告発がつとに増えている。一口に「ハラスメント」と言っても、一部の不良・偏執社員によるもの、痴情のもつれを原因にするものなど、属人的なバックグラウンドを持つものが少なくない。その一方で、ブリヂストンのように特定の派閥や徒党に端を発し、組織の体質に深く根差す構造的なケースもある。本稿では、最近寄せられた大手グローバル企業の深刻なハラスメント告発を〝匿名〟ながら、紹介したい。

ZAITEN2021年01月号、パワハラ、情報提供

2020/12/01

大手企業「ハラスメント」の実態

厚生労働省が2020年7月に発表した「個別労働紛争解決制度の施行状況」によれば、19年度に全国都道府県の労働局などに寄せられた総合労働相談件数は118万834件と、12年連続で100万件を突破し、民事上の個別労働紛争の相談件数では「いじめ・嫌がらせ」が8万7570件(前年比5・8%増)となり、8年連続で首位となった。この数字が示す通り、企業での啓発が進んでいると思いきや、パワハラ、セクハラをはじめとしたハラスメント事案は今もって増加傾向にあるのだ――。

ZAITEN2021年01月号、セクハラ、ハラスメント、パワハラ

2020/12/01

大手企業40社「ハラスメント対策」の実情

2021年1月号「ZAITEN」、セクハラ、ハラスメント、パワハラ

ZAITEN 2021年2月号

ZAITEN 2021年2月号
2020年12月26日発売 ¥1,100(税込)

売却資産も絶えてカネで社員を追い出す断末魔 武田薬品 そして、誰もいなくなる

ターゲットは東北、北陸、中国電力...... 経産省「脱炭素」で電力再編の策謀

JTB「JR東日本に救援要請」シナリオ

キヤノン御手洗「赤字発表」当日に野球観戦

コロナで安堵する黒田日銀に「人事抗争」勃発

ホンダ 組織名だけが変わる「本田宗一郎」精神は過去のもの

安倍晋三を捕まえろ!桜を見る会、河井夫妻事件、国会召集拒否......

オートバックス「最悪の車検」フルコース

最新記事

「凄惨パワハラ」内部告発

専門弁護士が警鐘「〝チャン付け〟もセクハラの可能性」

エレコム 顧客と宅配業者に"ムダな負担"を強いる「不良品回収」

アツギ「ラブタイツ」キャンペーン公式謝罪の顛末

三菱重工「終わりなき経営危機」