三菱商事

2020/11/01

三菱商事を引きずり込む「三菱自動車」の泥沼

三菱商事が、業績不振の三菱自動車のせいで、総合商社トップの座から陥落しようとしている。三菱自は今期、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって巨額赤字を計上する見通しとなり、経営は危機的な状況だ。アライアンスを組む日産自動車とルノーも同様に業績不振に苦しんでおり、三菱自の支援どころではない。そこに三菱自を長年にわたって引っ張ってきた元会長の益子修が8月に死去したことで、社内の分裂は一段と深刻になっている。三菱自プロパー社長の加藤隆雄はリストラばかりに熱心で、「リーダーシップの欠片もない」と社員も呆れ顔で、再建は見通せない。三菱自への肩入れを続ける三菱商事を巻き込んで「共倒れになる」との観測も現実味を帯びてきた―。

ZAITEN2020年12月号、三菱商事、三菱自動車、倉橋政嗣、加藤隆雄、垣内威彦、戸出巌

2020/10/07

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営

2016年3月期の初の赤字転落の衝撃の中で社長就任を余儀なくされた三菱商事の垣内威彦。「総合商社首位の絶対死守」を公約に掲げ、20年3月期も決算会計の妙手で、追い上げる伊藤忠商事を出し抜き、辛くも首位を守り切った。しかし、商事内部では、「飼料部門出身」を殊更に強調する、垣内の珍奇なパーソナリティに由来するとされる〝恐怖政治〟が横行。近臣を重用し、女性秘書ですら異例の栄達に浴する一方、役員までが「物言えば唇寒し」の体で垣内に戦慄する有り様という。新型コロナウイルス禍にも即応できず、21年3月期は首位防衛にも暗雲が垂れ込める。果たして「丸ノ内の紳士企業」で何が起こっているのか――。

ZAITEN2020年11月号、三枝則生、三菱商事、中西勝也、伊藤忠、佐々木幹夫、吉田真也、垣内威彦、増一行、小島順彦、小林健、村越晃、松永愛一郎、高岡英則、鴨脚光眞

ZAITEN 2021年2月号

ZAITEN 2021年2月号
2020年12月26日発売 ¥1,100(税込)

売却資産も絶えてカネで社員を追い出す断末魔 武田薬品 そして、誰もいなくなる

ターゲットは東北、北陸、中国電力...... 経産省「脱炭素」で電力再編の策謀

JTB「JR東日本に救援要請」シナリオ

キヤノン御手洗「赤字発表」当日に野球観戦

コロナで安堵する黒田日銀に「人事抗争」勃発

ホンダ 組織名だけが変わる「本田宗一郎」精神は過去のもの

安倍晋三を捕まえろ!桜を見る会、河井夫妻事件、国会召集拒否......

オートバックス「最悪の車検」フルコース

最新記事

「凄惨パワハラ」内部告発

専門弁護士が警鐘「〝チャン付け〟もセクハラの可能性」

エレコム 顧客と宅配業者に"ムダな負担"を強いる「不良品回収」

アツギ「ラブタイツ」キャンペーン公式謝罪の顛末

三菱重工「終わりなき経営危機」