2021年1月号【連載29】

【澤井健のZAITEN戯画29】竹中平蔵の「銭ゲバ」

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

2101_sawai.jpg

『銭ゲバ』(1970年 和田嘉訓監督)

最近また過激な発言を連発しているパソナ竹中平蔵が2回目の登場となりました。保守、リベラル、右左関係なく、これほど全方位的に嫌われている人物も珍しいですよね。モチーフになった『銭ゲバ』の主人公、その名も蒲郡風太郎(がまごおりふうたろう。映画版では唐十郎が主演)は金と名誉のためには殺人も厭わず、悪徳の限りをつくすピカレスクヒーロー。原作では最後に孤独の中、拳銃自殺を遂げます。ちなみに2009年には松山ケンイチ主演で連続ドラマ化もされており、こちらはその時代を舞台にリーマンショックや派遣切りが背景として描かれるので、より竹中の物語としてふさわしいかもしれません(こちらのラストは腹にダイナマイトを巻いて爆死)。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画37】東京五輪メンバー「そして誰もいなくなった」

【澤井健のZAITEN戯画36】怪僧・池口恵観と安倍晋三たちの〝仏道修行〟

【澤井健のZAITEN戯画35】バッハIOC会長と菅政権の「五輪マッドマックス」

【澤井健のZAITEN戯画34】吉本興業&吉村知事&松井市長の「大阪極道戦争」

【澤井健のZAITEN戯画33】菅内閣の「ニッポン無責任時代」

【澤井健のZAITEN戯画32】妻を襲う原田泳幸の「シャイニング」

【澤井健のZAITEN戯画31】六本木界隈の「アヤシイ」仲間たち

【澤井健のZAITEN戯画30】菅義偉&二階俊博&竹中平蔵の「鬼滅の刃」

【澤井健のZAITEN戯画29】竹中平蔵の「銭ゲバ」

【澤井健のZAITEN戯画28】「ダークサイド」に落ちた菅義偉