2020年03月号【連載19】

【澤井健のZAITEN戯画19】「ゴーン逃亡映画」の勝手シナリオ

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

2020_03_sawai.jpg

『ミッドナイト・エクスプレス』(1978年 アラン・パーカー監督)

いよいよ連続漫画みたいになってきたゴーンネタです。今回の脱出劇を映画化する気満々のゴーンは、実話ベースの名作『ミッドナイト・エクスプレス』を例にあげたそうです。それではお望み通り、ゴーンを主人公にして映画のシーンを再現してみましょう。あ、脱出用の箱から飛び出すシーンだけ『沈黙の戦艦』(92年)のエリカ・エレニアックになってしまいました...。まあ『ミッドナイト・エクスプレス』自体、脚色過多が問題視された作品なのでこれでオーケー。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画47】日本映画界「ハラスメント」三人衆

【澤井健のZAITEN戯画46】野口健の「アメリカン・サイコ」

【澤井健のZAITEN戯画45】横暴プーチンと「ガンバの冒険」

【澤井健のZAITEN戯画44】三浦瑠麗と小保方晴子

【澤井健のZAITEN戯画43】金正恩

【澤井健のZAITEN戯画42】岸田自民の「ジョーカー」

【澤井健のZAITEN戯画41】細木数子の「妖怪大戦争」

【澤井健のZAITEN戯画40】大谷翔平をアバターにする倒錯ワールド

【澤井健のZAITEN戯画39】みずほ銀行システム障害

【澤井健のZAITEN戯画38】タマホーム「キムタク夫妻のハッピーホーム」