2021年1月号【連載29】

【澤井健のZAITEN戯画29】竹中平蔵の「銭ゲバ」

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

2101_sawai.jpg

『銭ゲバ』(1970年 和田嘉訓監督)

最近また過激な発言を連発しているパソナ竹中平蔵が2回目の登場となりました。保守、リベラル、右左関係なく、これほど全方位的に嫌われている人物も珍しいですよね。モチーフになった『銭ゲバ』の主人公、その名も蒲郡風太郎(がまごおりふうたろう。映画版では唐十郎が主演)は金と名誉のためには殺人も厭わず、悪徳の限りをつくすピカレスクヒーロー。原作では最後に孤独の中、拳銃自殺を遂げます。ちなみに2009年には松山ケンイチ主演で連続ドラマ化もされており、こちらはその時代を舞台にリーマンショックや派遣切りが背景として描かれるので、より竹中の物語としてふさわしいかもしれません(こちらのラストは腹にダイナマイトを巻いて爆死)。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画47】日本映画界「ハラスメント」三人衆

【澤井健のZAITEN戯画46】野口健の「アメリカン・サイコ」

【澤井健のZAITEN戯画45】横暴プーチンと「ガンバの冒険」

【澤井健のZAITEN戯画44】三浦瑠麗と小保方晴子

【澤井健のZAITEN戯画43】金正恩

【澤井健のZAITEN戯画42】岸田自民の「ジョーカー」

【澤井健のZAITEN戯画41】細木数子の「妖怪大戦争」

【澤井健のZAITEN戯画40】大谷翔平をアバターにする倒錯ワールド

【澤井健のZAITEN戯画39】みずほ銀行システム障害

【澤井健のZAITEN戯画38】タマホーム「キムタク夫妻のハッピーホーム」