2021年12月号

2021年12月号【連載40】

【澤井健のZAITEN戯画40】大谷翔平をアバターにする倒錯ワールド

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

ZAITEN戯画_小.jpg『レディ・プレイヤー1』(2018年 スティーヴン・スピルバーグ監督)
憧れのかっこいいキャラクターに変身してVR世界で大活躍。今のアメリカなら大谷翔平選手も人気のアバターになりそう。『レディ・プレイヤー1』は楽しい作品ですが、一つだけ欠点があります。それはアバターを操る実在のプレイヤー(として登場する俳優たち)がそろって美男美女ばかりという点です(顔にあざがあるとか、一応エクスキューズは入れてるけど)。先日、強制わいせつ(帰宅途中の10代の女性に後ろから抱きつき無理やり下着をはぎとった容疑)で逮捕された北区の山名容疑者(無職)みたいな奴がプレイヤーであるほうが面白いし現実的。それにしても最近は特に、女性とのディスコミュニケーションの果てに一気に性犯罪に走る事件が多く報道されている。山名に襲われた女性はさぞや怖かっただろうと推測します。笑い事ではありませんね。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A.』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画47】日本映画界「ハラスメント」三人衆

【澤井健のZAITEN戯画46】野口健の「アメリカン・サイコ」

【澤井健のZAITEN戯画45】横暴プーチンと「ガンバの冒険」

【澤井健のZAITEN戯画44】三浦瑠麗と小保方晴子

【澤井健のZAITEN戯画43】金正恩

【澤井健のZAITEN戯画42】岸田自民の「ジョーカー」

【澤井健のZAITEN戯画41】細木数子の「妖怪大戦争」

【澤井健のZAITEN戯画40】大谷翔平をアバターにする倒錯ワールド

【澤井健のZAITEN戯画39】みずほ銀行システム障害

【澤井健のZAITEN戯画38】タマホーム「キムタク夫妻のハッピーホーム」