2022年6月号

2022年6月号【連載46】

【澤井健のZAITEN戯画46】野口健の「アメリカン・サイコ」

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

ZAITEN戯画_06月号.jpg『アメリカン・サイコ』(2000年 メアリー・ハロン監督)

3月に出た野口健の暴露本(著者は野口の元マネージャー)が話題です。赤裸々に描かれる野口のエキセントリックな素顔はTVで観たままというか、想像できる想定内のものばかり。中でもパソコンがフリーズするとブチ切れてピッケルでモニターを破壊する、という逸話はあまりにも「いかにも野口」なエピソードで、衝撃的でありながら納得してしまいます。『アメリカン・サイコ』の主人公べイトマンは「自分より先に最新流行のレストランを予約したから」とか「自分のよりかっこいい名刺を持っていたから」など理不尽な理由でマウントしてきた相手を殺してしまうエリートヤッピー。本作はミュージカルにもなっているので、日本公演が実現した暁にはぜひ野口の主演で「逃げまわる娼婦をチェーンソー片手に素っ裸で追いまわす」場面を再現していただきたい。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A.』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画46】野口健の「アメリカン・サイコ」

【澤井健のZAITEN戯画45】横暴プーチンと「ガンバの冒険」

【澤井健のZAITEN戯画44】三浦瑠麗と小保方晴子

【澤井健のZAITEN戯画43】金正恩

【澤井健のZAITEN戯画42】岸田自民の「ジョーカー」

【澤井健のZAITEN戯画41】細木数子の「妖怪大戦争」

【澤井健のZAITEN戯画40】大谷翔平をアバターにする倒錯ワールド

【澤井健のZAITEN戯画39】みずほ銀行システム障害

【澤井健のZAITEN戯画38】タマホーム「キムタク夫妻のハッピーホーム」

【澤井健のZAITEN戯画37】東京五輪メンバー「そして誰もいなくなった」