ZAITEN2022年07月号

2022年7月号【連載47】

【澤井健のZAITEN戯画47】日本映画界「ハラスメント」三人衆

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

ZAITENGIGA2207.jpg

『モンスター上司』(2011年 セス・ゴードン監督)
#MeToo運動」から遅れること5年。日本映画界のセクハラ、パワハラ問題がやっと明るみに出るようになりました。『モンスター上司』は別々の職場に勤める3人の男が、それぞれのパワハラ上司を協力してこらしめようと画策するコメディ映画。大ヒットしてアメリカでは続編も作られました。最初はイラストに榊英雄、園子温、木下ほうかの3人を描こうと思っていたのですが、映画本編では3人のモンスター上司の中に女性を1人入れて現代的なバランスをとっています。というわけで、ここでは「スタッフ腹蹴り暴行疑惑」の河瀨直美を加えて、バランスよくハラスメント監督3人にしてみました。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A.』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画47】日本映画界「ハラスメント」三人衆

【澤井健のZAITEN戯画46】野口健の「アメリカン・サイコ」

【澤井健のZAITEN戯画45】横暴プーチンと「ガンバの冒険」

【澤井健のZAITEN戯画44】三浦瑠麗と小保方晴子

【澤井健のZAITEN戯画43】金正恩

【澤井健のZAITEN戯画42】岸田自民の「ジョーカー」

【澤井健のZAITEN戯画41】細木数子の「妖怪大戦争」

【澤井健のZAITEN戯画40】大谷翔平をアバターにする倒錯ワールド

【澤井健のZAITEN戯画39】みずほ銀行システム障害

【澤井健のZAITEN戯画38】タマホーム「キムタク夫妻のハッピーホーム」