2020/10/01

2020年11月号【連載27】

【澤井健のZAITEN戯画27】菅義偉の「3人の殺し屋」

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

2020_11_sawai.jpg

『シン・シティ』(2005年 ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ監督)

TVで菅義偉新総理を見るたび「何かに似てる」とずっと考えていたのですが、最近それが『シン・シティ』のイエローバスタードだと判明しました。あの頭と耳がでかくて体が貧相なフォルムと目つきの凶悪さが菅っぽい。そこで映画を再見してみたところ、なんということでしょう。娼婦たちの用心棒、手裏剣と刀と弓の使い手、殺人マシーンのミホ(デヴォン青木)がこれまた菅に見えてきた。特におでこと目のあたり。私の「似ている」という印象はイエローバスタードとデヴォン青木が混然一体となったものだったのでしょうか。どうせならイライジャ・ウッド演じるケビンも菅の顔で再現してみましょう。新政権へのご祝儀ということで大盤振る舞いです。3人とも殺人鬼ですが。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画28】「ダークサイド」に落ちた菅義偉

【澤井健のZAITEN戯画27】菅義偉の「3人の殺し屋」

【澤井健のZAITEN戯画26】河井克行・案里夫妻の「野望の階段」

【澤井健のZAITEN戯画25】安倍夫妻の「タイタニック沈没」

【澤井健のZAITEN戯画24】安倍〝ワル夫妻〟のフランス革命

【澤井健のZAITEN戯画23】吉村洋文大阪知事の「チャイルド・プレイ」

【澤井健のZAITEN戯画22】安倍晋三を弄ぶ「西太后」小池百合子

【澤井健のZAITEN戯画21】安倍・トランプ・習近平「コロナ十戒」

【澤井健のZAITEN戯画20】「ゲス不倫」オーシャンズ11

【澤井健のZAITEN戯画19】「ゴーン逃亡映画」の勝手シナリオ