ZAITEN2021年09月号

2021年9月号【連載37】

【澤井健のZAITEN戯画37】東京五輪メンバー「そして誰もいなくなった」

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

2109澤井健ZAITEN戯画9月号_連載37.jpg

原作はアガサ・クリスティーの代表作。見立て殺人ものの元祖であり、登場人物が全員殺されてしまうという驚愕の展開も有名。今回は最も原作通りに映像化されたBBCのドラマ版に、不祥事で次々と関係者が辞任する東京オリンピックをなぞらえてみました。不祥事の年代順に原作の殺され方をシンクロさせてみたのですが、一応解説しておきます。第1の犠牲者は酒に毒を盛られ窒息死(イラストはグラフィックデザイナーの佐野研二郎)、第2が致死量の睡眠薬(元JOC会長の竹田恆和)、第3が撲殺(元開閉会式演出担当クリエイティブディレクターの菅野薫)、第4が斧で頭をカチ割られる(元大会組織委員会会長の森喜朗)、第5が毒物を注射(元開閉会式演出担当クリエイティブディレクターの佐々木宏)という途中経過。まさに「呪われたオリンピック」。当事者たちが、原作の登場人物同様に、当事者たちのうしろ暗い過去が暴かれていく展開も皮肉でした。



澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A.』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画37】東京五輪メンバー「そして誰もいなくなった」

【澤井健のZAITEN戯画36】怪僧・池口恵観と安倍晋三たちの〝仏道修行〟

【澤井健のZAITEN戯画35】バッハIOC会長と菅政権の「五輪マッドマックス」

【澤井健のZAITEN戯画34】吉本興業&吉村知事&松井市長の「大阪極道戦争」

【澤井健のZAITEN戯画33】菅内閣の「ニッポン無責任時代」

【澤井健のZAITEN戯画32】妻を襲う原田泳幸の「シャイニング」

【澤井健のZAITEN戯画31】六本木界隈の「アヤシイ」仲間たち

【澤井健のZAITEN戯画30】菅義偉&二階俊博&竹中平蔵の「鬼滅の刃」

【澤井健のZAITEN戯画29】竹中平蔵の「銭ゲバ」

【澤井健のZAITEN戯画28】「ダークサイド」に落ちた菅義偉