2020年06月号【連載22】

【澤井健のZAITEN戯画22】安倍晋三を弄ぶ「西太后」小池百合子

カテゴリ:澤井健のZAITEN戯画

2020_06_sawai.jpg

『西太后』(1984年 リー・ハンシャン監督)

マスクやら動画やら、とんちきなパフォーマンスの連続で国民から呆れられてる(今さら?)安倍首相を差し置いて、妙に株が上がってるのが小池百合子都知事です。それはそれで怖いな、と思うので今月は百合子爆上げの恐怖を映画『西太后』で表現してみました。映画でも描かれていますが、中国の女帝が政敵や恋敵の手足を切断して人豚と称し、壺につめたり便所で飼ったりして生きたまま苦しめたというのは俗説で、現在では完全にフィクションと見なされているようです。念のため。

澤井健(さわい・けん)イラストレーター。漫画家。現在、週刊文春『言霊U.S.A』でイラスト担当、月刊映画秘宝でイラスト、コラムを連載中。2018年9月、コミック『イオナ』電子版が文藝春秋から復刻。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【澤井健のZAITEN戯画47】日本映画界「ハラスメント」三人衆

【澤井健のZAITEN戯画46】野口健の「アメリカン・サイコ」

【澤井健のZAITEN戯画45】横暴プーチンと「ガンバの冒険」

【澤井健のZAITEN戯画44】三浦瑠麗と小保方晴子

【澤井健のZAITEN戯画43】金正恩

【澤井健のZAITEN戯画42】岸田自民の「ジョーカー」

【澤井健のZAITEN戯画41】細木数子の「妖怪大戦争」

【澤井健のZAITEN戯画40】大谷翔平をアバターにする倒錯ワールド

【澤井健のZAITEN戯画39】みずほ銀行システム障害

【澤井健のZAITEN戯画38】タマホーム「キムタク夫妻のハッピーホーム」