武田薬品

2021/04/01

武田薬品が恐れる「抗がん剤欠品」患者訴訟

切り売りの果て、もはや目ぼしい資産が枯渇しそうな勢いの武田薬品。プロパー取締役の岩崎真人は国内事業担当から外される中、昨夏から続くドル箱抗がん剤「リュープリン」の欠品問題は……。

ZAITEN2021年05月号、クリストフ・ウェバー、タケダ、リュープリン、岩崎真人、武田薬品

2020/10/01

武田薬品で始まった「高額退職金リストラ」

武田薬品では、経営不振企業と変わらないリストラが進められているらしいが――。

ZAITEN2020年11月号、クリストフ・ウェバー、リストラ、岩崎真人、武田薬品

2020/09/01

武田薬品「そして、誰もいなくなる」

昨年1月、アイルランド製薬大手シャイアーを6兆円超で買収、悲願の「メガファーマ」入りを果たした武田薬品工業。ところが、現下の有利子負債は5兆円を超え、次々に資産を手放し、果ては「アリナミン」ブランドを抱える大衆薬部門まで売却することに……。それでもなお、社長のクリストフ・ウェバーがトップに居座っていられるのは、資産売却で得たカネでステークホルダー(利害関係者)たちを黙らせてきたからに他ならない。しかし、売り払うものがなくなった今、ウェバー武田は高額退職金をエサに社員たちの大規模リストラに着手した――。青目経営陣に、その走狗となる日本人役員たちに徹底的に破壊された、かつての無借金企業、武田の惨状をレポートする。

LIXIL、ZAITEN2020年10月号、アリナミン、アンドリュー・プランプ、クリストフ・ウェバー、コスタ・サルウコス、シャイアー、ゼネラル・エレクトリック、ナイコメッド、ノバルティス、ブラックストーン、ポール・チャップマン、ミレニアム、リュープリン、丸山哲行、和光純薬工業、坂根正弘、富士フイルム、岩崎真人、志賀俊之、日産、武田薬品、藤森義明、長谷川閑史、関篤史

ZAITEN 2021年6月号

ZAITEN 2021年6月号
2021年5月1日発売 ¥1,100(税込)

最新記事

NEXCO東日本「住民分断」の陥没事故対応

NHK幹部「前田会長降ろし」の新局面

NHK放送センターは「渋谷」から移転せよ!

ウーバーイーツ「危険運転配達員のクレームは警察へ」と案内!?

NHK渉外グループ「永田町・総務省」接待の流儀