ZAITEN2022年07月号

物言う株主、創業家バトル、バーチャル総会……

【特集】迫る「株主総会」逃げる経営者たち

カテゴリ:TOP_main

2207_特集_トビラp014.jpg出ずに済ませるものだったら、出ずに済ませたい――。すべてとは言わないまでも、上場企業の経営者にとって、株主総会はできるものなら出席したくない年に一度の〝儀式〟である。それもそのはず。普段は社長の椅子で踏ん反り返るトップが、個人株主から頓珍漢な質問を受けるのはまだしも、財務諸表を読み込んだ株主からネチネチやられるのはご免蒙りたい心境だろう。しかし、経営者にとっては朗報というべきか、総会のデジタル化が進み、質問へのハードルは上がっている。とはいえ、総会で発言するのが株主のすべてではない。昨今はアクティビスト(物言う株主)たちが、株価動向や経営効率に鈍感な企業を、目を皿にして物色している。3月決算企業の株主総会が集中する6月に本誌が送る「現代の株主総会」をお読みいただきたい――。

【ラインナップ】

・株主の声が遠ざかる「バーチャル総会」の変

・振り返れば奴がいる「アクティビスト」勝手番付け

・はるやま「姉弟バトル再び」の陰に中国銀行とAOKI

・テレビ東京「日経天下り人事にNO!」のモノ言う株主提案

・軍需企業アイコムに攻め入った「光通信」株主総会前の〝静かな撤退〟

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】吉本興業「笑えない」政〝笑〟軍団

【特集】「電力崩壊」の戦犯たち

【特集】迫る「株主総会」逃げる経営者たち

【特集】大学と企業とカネ

【特集】ヤフー「ニュース支配」横暴の果て

【特集】ブリヂストン石橋CEO「人売り経営」の失策隠蔽

【特集】「個人投資家お断り」 企業の言い分

【特集】みずほの「成れの果て」

【特集】岸田政権「まやかしの経済安保」

【特集】金融庁「作為と不作為」の原罪