2020/12/01

女性たちを怒らせ“たった一晩”で大炎上

アツギ「ラブタイツ」キャンペーン公式謝罪の顛末

カテゴリ:TOP_free

2020-11-30 (2).pngタイツ・ストッキングメーカーのアツギが、自社のツイッターPRキャンペーンで、ありえないネット炎上事件を起こし、女性たちに総スカンを食らっているらしい。この会社は大丈夫か?

 東証1部上場の老舗タイツ・ストッキングメーカーのアツギがネット炎上事件を起こした。

 11月2日の「タイツの日」に公式ツイッター上で行った「#ラブタイツ」キャンペーンである。

 アツギでは、ネットで若者に人気の30人の絵師(イラストレーター)たちに「タイツを履いた女性」の絵をツイッターに投稿するように依頼、投稿を引用(リツイート)し、それに「中の人」と呼ばれる公式アカウントの担当者(女性)が〈素敵なイラストばかりで、動悸が治まらない〉〈みんなめちゃくちゃ可愛くないですか......〉などの一言コメントを付けPRを行っていた。

 ところが、アツギが依頼した絵師たちは「萌え絵」を得意とするツワモノ揃いで、彼らが描いたイラストの中には、スカートの裾を自分でたくり上げタイツを履いた脚を見せる胸も豊かなメイド姿の女性や、ミニスカートの制服姿の無防備な女子高生のタイツ姿など、男性の目を意識した女性が描かれていた。これがオタク系男子向けならアリだろう。だが、タイツを履く女性へのPRに使われたため、大問題に発展したのだ。

......続きは2021年1月号にてお読みください。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

「凄惨パワハラ」内部告発

専門弁護士が警鐘「〝チャン付け〟もセクハラの可能性」

エレコム 顧客と宅配業者に"ムダな負担"を強いる「不良品回収」

アツギ「ラブタイツ」キャンペーン公式謝罪の顛末

『ブラック霞が関』千正康裕氏インタビュー

「ユーザベース」の海外M&Aが大失敗

「お雇い英国人」デービッド・アトキンソンの評判

龍角散「コロナに効く」を連想させるテレビCM

【無料公開】学者政商「竹中平蔵」の新世界

「凄惨パワハラ」内部告発

エレコム 顧客と宅配業者に"ムダな負担"を強いる「不良品回収」

アツギ「ラブタイツ」キャンペーン公式謝罪の顛末

大手企業「ハラスメント」の実態

大手企業40社「ハラスメント対策」の実情

JR博多駅を占拠した「プロミス」広告に異議あり

花王 浴室洗剤「99%ウイルス除去」のいい加減な根拠

三菱自動車「業績も悪いが『最低・最悪の広報体制』」

龍角散「コロナに効く」を連想させるテレビCM

商工中金「コロナ対応新聞広告」で社長の宣伝!