2021年1月号

デジタル円導入の「日銀法改正」で戦々恐々

日銀と財務省が慄く内閣参与「高橋洋一センセイ」

カテゴリ:TOP_sub

主要国で議論が活発化する中央銀行デジタル通貨。日銀も「デジタル円」で追随する一方で、「今は発行計画なし」と定まらない。背後には、菅政権の内閣参与になった〝かの財務省OB〟が。

 世界30億人のユーザーを抱える米フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」発行計画や、米ドル基軸体制切り崩しを狙う中国の「デジタル人民元」の実用化加速に触発され、日米欧でも法定通貨を電子データに置き換える「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の発行に向けた動きが熱を帯びている。日銀も10月、2021年度から「デジタル円」の実用化に向けた実証実験に着手する方針を打ち出したが、総裁の黒田東彦(1967年旧大蔵省、元財務官)は「現時点で発行する計画はない」と、煮え切らない態度を続けている。

......続きは「ZAITEN」2021年1月号でお読みください。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営【5月13日全文無料公開】

JT 寺畠社長「大量首斬り」で払う"爆買いM&A"のツケ

ミツカン中埜和英会長「表参道地上げ」の現場

三井住友信託「旧住友に敗れた旧三井」の窮鼠猫を噛む

大塚顧問が君臨「JR東日本」労務・企画系支配に遠心力

岩谷産業「老老経営」後継に"失脚専務"復活の暗澹

みずほ行員「自宅待機5年」退職強要の戦慄【4/30全文無料公開】

ブリヂストン「大リストラ」と「製造不正」疑惑

カシオ「パワハラ和宏社長」で潰える同族支配

武田薬品が恐れる「抗がん剤欠品」患者訴訟