ZAITEN2023年11月号

三菱商事「業績好調」の裏で囁かれる〝ある疑惑〟

カテゴリ:TOP_sub

 業績好調な大手商社の三菱商事。2023年3月期連結決算では、全10事業中7事業で過去最高益を更新し、当期利益は前期比25・9%増の1兆1806億円だった。当期利益1兆1306億円の三井物産とともに、総合商社として初めて当期利益が1兆円を超えた。今期の第1四半期決算では前期比マイナスとはいえ、順調に利益を出している。22年4月に社長に、同年6月に代表取締役社長に就任した電力畑出身の中西勝也体制で、業界トップをひた走っている状況だ。  

 さる9月5日、三菱商事幹部は出入りのメディア関係者を集め、東京丸の内のパレスホテル東京で役員懇談会を行った。同会では、業績好調なためか中西社長をはじめ、幹部たちは軒並み上機嫌な様子だったという。  

 参加した記者の1人は、幹部たちは機嫌こそは良かったものの、ガタイのいい幹部もおり〝笑顔の裏の威圧〟も感じたという。  

 では、中西社長とはどのような人物なのか。人となりを知る関係者は次のように語る。 「風貌もさることながら威圧感があり、正直こわい印象がある。前社長で現会長の垣内威彦氏は鷹揚な感じで社員にも人間味を見せるところがありましたが、中西社長は部下に厳しい。部下になにかを尋ねて、答えがテキパキと返ってこないと、『なぜすぐに答えられないのか』と詰める感じ。体育会系を地で行く感じです」  良くも悪くも「軍隊的」な三菱商事の社風を体現していると関係者たちは口を揃える。

......続きはZAITEN11月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

大谷翔平は「アホ」か「大バカ」か?

オープンハウス「子会社建築事業」の〝悪辣スキーム〟

大正製薬「上場廃止で訴訟乱発」暴走する〝上原一族〟

西武・後藤会長「メンツ優先」の資産〝切り売り〟

小林製薬「毒薬サプリ」を生んだ機能性表示食品

三菱商事「垣内会長の娘」の〝縁故採用〟でやりたい放題

日本政策金融公庫「ゾンビ企業延命」の大罪

【特集】金融庁が「あおぞら銀行〝処理〟」で縋る「北尾SBI」

ゆうちょ銀行「老害・池田退任」でも前途多難

LINEヤフー「総務省カンカン」で解体危機