2020年11月号

これってコロナ便乗商法?

花王 浴室洗剤「99%ウイルス除去」のいい加減な根拠

カテゴリ:クレーム・広報

 2012ZU10バスマジックリン_サイト用.jpgコロナ禍で、消費者は「消毒」「除菌」「ウイルス除去」などの言葉に過敏に反応するように。

 消費者庁表示対策課によると「新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品等の表示」を行った企業に対しては、厳しく行政指導を行っている。しかし、コロナ絡みの優良誤認は、巧妙に仕組まれることが多く、いまだ〝新種〟の便乗商法が後を絶たない。そんな中、超大手有名企業の広告展開について、疑問を呈する声が読者から上がっている。

〈花王・バスマジックリンの阿部サダヲが出ている新CMを見ましたか? 今までバスマジックリンは、風呂場や浴槽の湯垢を取るための洗剤だと思っていたのですが、いつの間にか「99%ウイルス除去」とCMで謳うようになってしまっています。

 これは何か成分に変更があったのでしょうか。それともただコロナに便乗した〝引っ掛け〟でしょうか〉(読者のメールより)

湯垢落としがウイルス除去に?

 花王バスマジックリンは、1970年代に発売された誰もが一度は使ったことがある浴室用洗剤だ。いつの間に「99%ウイルス除去」の商品になったのか?

 CMを見ると、確かに阿部サダヲが「ウイルス除去」を連呼し、「ウイルス除去」の文字が画面を埋め尽くす。花王の公式ページの「バスマジックリンSUPER CLEAN」のサイトを見ると、「汚れ・菌・黒カビ胞子」に加え、「ウイルスまで除去」の文字が大きく踊り、スタンプを押したような「99%ウイルス除去」の文字も目立つ。

 コロナ禍のこのご時世にこのようにアピールされたら、「本当に99%もウイルスが除去できるなら......」と期待を持たされる。

 しかし、この広告には但し書きが付いていた。よくよく見ると、小さく欄外に「すべての菌・ウイルスを除去するものではありません」との表示がある。そしてその後に、「エンベロープタイプのウイルス1種類で効果を検証」とも書かれていた。

 1種類? これは「ふざけるな!」と言いたいレベル。たった1種類しか調べていないのに、あたかもこの世のウイルスをほとんど死滅させるかのような広告を打っているのだ。

 花王はいつからこのような広告展開をしているのか。

......続きは本誌ZAITEN2020年12月号をご覧ください。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【全文公開】KDDI 料金センターから「死亡者」宛て請求電話

消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

フマキラー 食文化を破壊する「食品用アルコール除菌フードキーパー」

読売新聞 料理の記事の下に「排便」強調広告を配置

島根県 財政力最下位県が「意味不明広告」で税金の無駄遣い

三鷹市役所「駅前公衆喫煙所」が象徴する民度の低さ

日本ロレアル フタが開かない 「白髪染め用シャンプー」

【特集】コロナに笑う「便乗企業」

【特集・コロナ便乗企業】コロナ禍で増える消費者庁案件

【特集・コロナ便乗企業】「ウイルス除去」を謳う脱法スレスレ企業