2020年12月号

MUFG内では“独裁”を謳歌する

三菱UFJ平野会長「経団連会長獲り」の仰天

カテゴリ:TOP_sub

2012三菱UFJロゴサイト用_正方形.jpg三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の〝天皇〟として行内で〝恐怖支配〟を敷いてきた平野信行会長が、新たな権力の座を奪取しようと蠢き出した。そのポストとは経団連会長―。かつての威光は地に落ちたとはいえ、「財界総理」は曲がりなりにも経済界トップの地位ではある。

 中西宏明経団連会長(日立製作所会長)は昨年5月、リンパ腫が見つかったものの、治療に成功し9月に復帰。ところが、今年7月の検査で再発が発見され、そのまま入院が続く。事務方は表向き「病状は回復に向かっている」として健康不安説の火消しに躍起だが、10月5日の会見は入院先から初のオンライン中継。任期は22年までで、財界担当記者も「さすがにこのまま満了まで務め上げることは困難」と、途中交代を視野に取材に駆け出している。

 ところで、経団連会長職は副会長からの選抜というのが慣例。平野氏も18人の副会長の一人だが、周知の通り、銀行が財界総理に就くのは御法度だ。

......続きは「ZAITEN」2020年12月号で

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営【5月13日全文無料公開】

JT 寺畠社長「大量首斬り」で払う"爆買いM&A"のツケ

ミツカン中埜和英会長「表参道地上げ」の現場

三井住友信託「旧住友に敗れた旧三井」の窮鼠猫を噛む

大塚顧問が君臨「JR東日本」労務・企画系支配に遠心力

岩谷産業「老老経営」後継に"失脚専務"復活の暗澹

みずほ行員「自宅待機5年」退職強要の戦慄【4/30全文無料公開】

ブリヂストン「大リストラ」と「製造不正」疑惑

カシオ「パワハラ和宏社長」で潰える同族支配

武田薬品が恐れる「抗がん剤欠品」患者訴訟