ZAITEN2024年02月号

「談合疑惑」まで飛び出した大手旅行会社の地に墜ちた「モラル」

カテゴリ:TOP_sub

近ツリが落札し再委託

 2023年11月15日、公正取引委員会は青森市が発注する新型コロナウイルス感染者の移送業務の指名競争入札を巡り、旅行大手5社が談合を繰り返していた疑いがあるとして、各社の青森支店や岩手、福島両県の関係先を含む計9カ所で立ち入り検査に着手した。  

 独占禁止法違反(不当な取引制限)で公取委の検査を受けたのは近畿日本ツーリスト(※2位)、JTB(1位)、東武トップツアーズ(4位)、日本旅行東北(※3位)、名鉄観光サービス(10位)の5社。カッコ内は22年度旅行会社取扱額ランキングの順位(※は親会社の順位)で、業界断トツの首位であるJTBをはじめ上位企業が軒並み名を連ねている。  

 疑惑の中身はこうだ。青森市は22年3月から、コロナ感染者のうち移動手段がなかったり、高齢で体調が万全でない軽症の患者を自宅から病院や療養所に送り届ける移送業務を始めた。23年5月まで計178件。これを委託する業者を選ぶための5回の入札では、近ツリ、JTB、日本旅行が5回全てに参加し、地元バス会社の弘南バスは最初の1回だけ参加し残り4回は不参加。因みに弘南バスに公取委の検査は入っていない。  

......続きはZAITEN2月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

日大理事長・林真理子へ「断筆」のススメ

産経新聞「販売局」を蝕む〝裏金〟疑惑

「談合疑惑」まで飛び出した大手旅行会社の地に墜ちた「モラル」

読売新聞「本誌〝押し紙〟報道」で年末の大混乱

SBI北尾「令和の政商」に〝高転び〟の予感

LINEヤフー「個人情報漏洩」で露呈した苦肉の合併

KADOKAWA夏野「社費私物化」の噴飯

「日本を蝕む製薬企業」の闇

読売新聞「部数押し付け」「幹部の女性問題」に怒り殺到

【特集】記者たちが経験した「トンデモ広報」実話