2020/11/01

呆れた広報「拡大版」

三菱自動車「業績も悪いが『最低・最悪の広報体制』」

カテゴリ:TOP_sub

「〝広報対応の悪い企業〟と言えば、真っ先に思い出すのは三菱自動車。燃費不正問題の時は逃げ回られ、やっと対応したかと思ったら腑に落ちない回答ばかりだった。この会社には、社会に自分たちの言葉でメッセージを発信する意識はおろか、コンプライアンスという概念すら存在しないんだなと思った」

 そう語るのは全国紙の経済部記者。この記者のみならず、企業の「広報対応」に関して尋ねると、どの記者も同社について概ね似たような感想を並べる。

 三菱自では2000年に「リコール隠し事件」(三菱自が1977年から約23年にわたり、10車種以上・約69万台にのぼるリコールにつながる不具合情報を旧運輸省へ報告せず社内で隠蔽していた事件)が発生。05年、経営再建と社内改革を使命に三菱商事から送り込まれた益子修社長(当時、20年死去)体制下においても、三菱自の劣化が進んだことは、16年に発覚した件の「燃費データ改竄」問題が示す通りだ。

 そして、ここにきて20年9月中間期で2098億円の純損失を計上。三菱自は今、経営危機の最中にあるわけだが、劣悪な広報対応は一向に改善されないどころか、ますます劣化の度を深めている――。

......この続きは「ZAITEN」2021年1月号で

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

三菱重工「終わりなき経営危機」

大手企業40社「ハラスメント対策」の実情

富士通"壊し屋ジーパン社長"時田社長の陥穽

日銀と財務省が慄く内閣参与「高橋洋一センセイ」

「ゴルフネットワーク」劣悪中継に〝カネ返せ〟の怒号

スズキと地元静岡を翻弄する「鈴木修」の晩節

三菱商事を引きずり込む「三菱自動車」の泥沼

みずほFG「20年」の奈落の底

三菱UFJ平野会長「経団連会長獲り」の仰天

菅義偉vs.日本学術会議「もうひとつの暗闇」

「凄惨パワハラ」内部告発

エレコム 顧客と宅配業者に"ムダな負担"を強いる「不良品回収」

アツギ「ラブタイツ」キャンペーン公式謝罪の顛末

大手企業「ハラスメント」の実態

大手企業40社「ハラスメント対策」の実情

JR博多駅を占拠した「プロミス」広告に異議あり

花王 浴室洗剤「99%ウイルス除去」のいい加減な根拠

三菱自動車「業績も悪いが『最低・最悪の広報体制』」

龍角散「コロナに効く」を連想させるテレビCM

商工中金「コロナ対応新聞広告」で社長の宣伝!