2020/11/30

やはり〝長男社長〟には諫められず…

スズキと地元静岡を翻弄する「鈴木修」の晩節

カテゴリ:TOP_sub

社長就任から40年余り。長男を社長に据えてもなお、〝退く〟ことのないスズキ会長の鈴木修。コロナ禍で主力のインド市場は惨憺たる状況の一方、地元静岡・浜松でも波乱を巻き起こしている。

 新型コロナウイルスの感染拡大で2020年9月中間決算が揃って減収減益となった自動車大手7社。メディアはパンデミック(世界的大流行)収束を織り込んだ下期以降の販売回復をしきりに報じるが、北半球が冬場を迎えコロナ感染の第3波が猛威を奮い始めた。先行き不透明感が増すのは米国に次ぐ世界2位の累計感染者数のインドへの売上高依存度が3割に達するスズキ。齢九十のワンマン会長、鈴木修の老害も加わり、経営は迷走状態に陥りつつある。

......続きは2021年1月号にてお読みください。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

三菱重工「終わりなき経営危機」

大手企業40社「ハラスメント対策」の実情

富士通"壊し屋ジーパン社長"時田社長の陥穽

日銀と財務省が慄く内閣参与「高橋洋一センセイ」

「ゴルフネットワーク」劣悪中継に〝カネ返せ〟の怒号

スズキと地元静岡を翻弄する「鈴木修」の晩節

三菱商事を引きずり込む「三菱自動車」の泥沼

みずほFG「20年」の奈落の底

三菱UFJ平野会長「経団連会長獲り」の仰天

菅義偉vs.日本学術会議「もうひとつの暗闇」

三菱重工「終わりなき経営危機」

富士通"壊し屋ジーパン社長"時田社長の陥穽

スズキと地元静岡を翻弄する「鈴木修」の晩節

「ユーザベース」の海外M&Aが大失敗

日本取引所JPX清田CEOに「クビ」の必罰

JTB「GoToトラベル」でライバルに嫌がらせ

GoTo混乱で観光庁長官「処分」に菅首相の人事介入

三菱商事を引きずり込む「三菱自動車」の泥沼

みずほFG「20年」の奈落の底

三菱UFJ平野会長「経団連会長獲り」の仰天