2021年1月号

やはり〝長男社長〟には諫められず…

スズキと地元静岡を翻弄する「鈴木修」の晩節

カテゴリ:TOP_sub

社長就任から40年余り。長男を社長に据えてもなお、〝退く〟ことのないスズキ会長の鈴木修。コロナ禍で主力のインド市場は惨憺たる状況の一方、地元静岡・浜松でも波乱を巻き起こしている。

 新型コロナウイルスの感染拡大で2020年9月中間決算が揃って減収減益となった自動車大手7社。メディアはパンデミック(世界的大流行)収束を織り込んだ下期以降の販売回復をしきりに報じるが、北半球が冬場を迎えコロナ感染の第3波が猛威を奮い始めた。先行き不透明感が増すのは米国に次ぐ世界2位の累計感染者数のインドへの売上高依存度が3割に達するスズキ。齢九十のワンマン会長、鈴木修の老害も加わり、経営は迷走状態に陥りつつある。

......続きは2021年1月号にてお読みください。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

三菱UFJ「最凶人事部」の陰惨支配

【無能首長 特集】お気に記者で厚化粧「小池都政」の不毛

【無能首長 特集】徳島「在任18年知事」に湧いた"カネとオンナ"疑惑

経産省「菅義偉昵懇フィクサー」を特別待遇

【無能首長 特集】地方を殺す「地銀"菅"製再編」の悪い奴ら

アイリスオーヤマ会長が「コロナ禍懇親会」強行

みずほ坂井"焼け太り"に「金融庁激怒」

三越伊勢丹 首を斬られた「首斬り社長」

みずほ「自宅待機行員」給与改竄の末に"解雇通知"【5/29無料公開】

ミツカン中埜和英会長「表参道地上げ」の現場【6/8全文無料公開】