2021年1月号

デジタル円導入の「日銀法改正」で戦々恐々

日銀と財務省が慄く内閣参与「高橋洋一センセイ」

カテゴリ:TOP_sub

主要国で議論が活発化する中央銀行デジタル通貨。日銀も「デジタル円」で追随する一方で、「今は発行計画なし」と定まらない。背後には、菅政権の内閣参与になった〝かの財務省OB〟が。

 世界30億人のユーザーを抱える米フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」発行計画や、米ドル基軸体制切り崩しを狙う中国の「デジタル人民元」の実用化加速に触発され、日米欧でも法定通貨を電子データに置き換える「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の発行に向けた動きが熱を帯びている。日銀も10月、2021年度から「デジタル円」の実用化に向けた実証実験に着手する方針を打ち出したが、総裁の黒田東彦(1967年旧大蔵省、元財務官)は「現時点で発行する計画はない」と、煮え切らない態度を続けている。

......続きは「ZAITEN」2021年1月号でお読みください。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

みずほ「外貨建て保険」乱売で顧客離反

KDDI「お客様相談部」の嘘と傲慢

東京機械製作所「乗っ取り騒ぎ」に強い違和感

【金融庁特集】みずほ「メガ転落」に金融庁の十字架

アイリスオーヤマ「社内クラスター発生」でも洗脳研修

アステラス製薬「不良工場」は稼働できるのか

嶋田隆「岸田"経産省"政権」の悪だくみ

太陽生命「コロナワクチン営業」に"内部告発"が続々

適菜収が斬る「政界一つまらない『岸田文雄』狂気の人事」

記者情報漏洩を詫びた「読売新聞」の読者不在