とんだ勘違い広告!

商工中金「コロナ対応新聞広告」で社長の宣伝!

カテゴリ:クレーム・広報

SCAN_商工中金.jpg商工中金の新聞広告

コロナ禍では、多くの中小企業が打撃を受け、一刻も早い救済を求めている。そんな中、政策金融機関の速やかな支援や広報活動は、必要不可欠だ。しかし〝的外れ〟な広報活動を行っている政策金融機関があるらしい―。

〈9月1日の日経新聞に掲載された商工中金の広告を見て欲しい。コロナ関連の支援・融資に関する商工中金の相談窓口を広報するための広告だと思うが、どう見ても、関根正裕社長の宣伝広告にしか見えない。中小企業を支援する役割を担う政府系金融機関が、このような広告を出すべきではないと思う〉(読者のメールより)

 確かにこの広告は、コロナ禍の中小企業を救済するためのもののようだが、関根社長の写真が大き過ぎる。どう見ても、民間企業のワンマン社長が公私混同で制作した広告にしか見えない。「中小企業に寄り添うという使命」というキャッチコピーも、財界サロン誌の〝ヨイショ記事〟のタイトルのようにすら見えてしまう。

......続きは「ZAITEN」2020年11月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【全文公開】KDDI 料金センターから「死亡者」宛て請求電話

消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

フマキラー 食文化を破壊する「食品用アルコール除菌フードキーパー」

読売新聞 料理の記事の下に「排便」強調広告を配置

島根県 財政力最下位県が「意味不明広告」で税金の無駄遣い

三鷹市役所「駅前公衆喫煙所」が象徴する民度の低さ

日本ロレアル フタが開かない 「白髪染め用シャンプー」

【特集】コロナに笑う「便乗企業」

【特集・コロナ便乗企業】コロナ禍で増える消費者庁案件

【特集・コロナ便乗企業】「ウイルス除去」を謳う脱法スレスレ企業