ZAITEN2022年04月号

いまや〝観光庁の女帝〟と言われる処世術

観光庁を手玉に取る「東京女子大学・矢ケ崎紀子教授」

カテゴリ:政治・国際

2204_矢ケ崎紀子_21_サイト.jpg矢ケ崎紀子教授(写真は公式HP)

 新型コロナウイルス感染拡大で大打撃を受ける観光産業。無論、観光政策の司令塔である国土交通省の外局、観光庁も例外ではない。実質的に海外との往来ができなくなった中、訪日外国人旅客数4000万人や6000万人といった目標も画餅と化している。  そんな状況を受けて、これまでのインバウンド観光振興政策一辺倒の姿勢を見直し、観光庁がGoToトラベルとともに国内観光振興の目玉としてぶちあげたのが、「第2のふるさとづくりプロジェクト」だ。その有識者会議の委員名簿を前にして「正直、またかという感じ」と、うなだれるのは大手旅行会社の元幹部。座長に「東京女子大学教授・矢ケ崎紀子」と記されているからだ。

 矢ケ崎が関わる審議会や委員会、検討会といった会議体は、他にも、旧運輸省テリトリーの最高峰に位置する「交通政策審議会」委員、さらに同審議会の下部に当たる「観光分科会」会長。観光庁がコロナ後を見据えた「アフターコロナ時代における地域活性化と観光産業に関する検討会」委員。「第2のふるさと」と同様に観光庁が力を入れる富裕層向けの観光政策を決める「地方における高付加価値なインバウンド観光地づくり検討委員会」委員。DMO(観光地域づくり法人)の生殺与奪に関わった「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」座長といった具合に、重要な観光政策の決定プロセスにほとんどに関わっているといっても過言ではない。

......続きはZAITEN4月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

読売新聞「スポーツ賭博解禁案」の舞台裏

東北新社と「総務省ポスター」癒着の怪

観光庁「エース同士の反目」で庁内分裂

スネ夫「茂木敏充」の愛されない理由

平井卓也が去って「デジタル庁」を蝕む新病魔

古谷経衡 プーチンを絶賛する「ネトウヨ」の怪異

予算採決を欠席した「維新」国対委員長の大甘処分

立憲民主「外環道陥没事故」追及が緩いワケ

観光庁を手玉に取る「東京女子大学・矢ケ崎紀子教授」

古谷経衡 亡国の政治家「石原慎太郎」の信心