ZAITEN2022年09月号

悪質な「おとり広告」でも〝説教〟だけ

おとり広告「スシロー」を罰せられぬ消費者庁は〝必要なし〟

カテゴリ:クレーム・広報

 ロシアのウクライナ侵攻により生活必需品の価格が軒並み上がり、日本人の食生活に欠かせない水産物の値段も高騰する中、回転寿司チェーン最大手「あきんどスシロー」による消費者への裏切り行為が発覚した。

 スシローでは昨年9~12月にかけて、「新物!濃厚うに包み」(税込110円)、「とやま鮨し人考案 新物うに 鮨し人流3種盛り」(同528円)、「冬の味覚!豪華かにづくし」(同858円)というウニ、カニなどの高級食材を使用した商品を発売。これらを「売切御免!」という文句とともに、テレビCMや自社ウェブサイトで大々的に宣伝していた。

 そして同社は、実際にはこれらの食材を確保できず大半の店舗で提供できない状態であったにもかかわらず、広告への掲載は継続。これが景品表示法(景表法)の第5条第3号で禁じられている「おとり広告」、つまり商品・サービスが実際には購入できないにもかかわらず、購入できるかのように見せる不当表示に当たるとして、6月9日に消費者庁から再発防止を求める措置命令を受けたのだ。

......続きはZAITEN9月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

おとり広告「スシロー」を罰せられぬ消費者庁は〝必要なし〟

大手企業「業者に顧客丸投げ」の大罪

ロレックス「売ったら終わり」の粗雑なアフターサービス

星野リゾート 予約は面倒でも「しょうがない」のホンネ

政府広報動画に「ミス日本」起用のスケベ心

Amazonジャパン 自ら〝誤配〟しておきながら 会員にしか「クレーム対応せず」

LINE おバカ芸人「トレインジャック広告」で〝認知症〟を揶揄

アップルジャパン 「乗っ取りIDで爆買い」 2週間放置の異常対応

高島屋 「ポイント使用は2000円から」のみみっちさ

日ハム新庄「仮想通貨の広告塔」リスク