ZAITEN2022年010月号

大株主「朝日新聞」も制御不能 朝日新聞グループの〝度し難き惨状〟老衰する「テレビ朝日」

【特集】老衰する「テレビ朝日」の恍惚

カテゴリ:TOP_sub

2210_特集_朝日トビラ.jpg

朝日新聞グループの〝度し難き惨状〟老衰する「テレビ朝日」

クロスオーナーシップの朝日新聞社のブランド力を背景に、かつては「リベラル放送局の旗手」と見られたテレビ朝日。しかし2009年、早河洋が初の生え抜き社長に就任してから状況は一変する。〝プロパーの星〟早河はテレ朝内部を完全に掌握、事実上30%強の株式を握る朝日新聞グループのコントロールを脱していった。それと並行して、テレ朝はエンターテインメントに舵を切って報道部門が弱体化する中、当の朝日新聞は不祥事に塗れて屋台骨が動揺することになる。早河はこれを奇貨に一層の朝日新聞離れを加速させ、もはやテレ朝は「早河王国」に―。しかし、好事魔多し。会長の早河が局内を完全支配する一方、社長のクビは次々と挿げ替えられ、幹部以下社員のモラルとモラールは低下。齢七十八のドンに思考と未来を委ね切る様は、まさにリベラルメディアの成れの果て―。

ラインナップ】
■老衰する「テレビ朝日」の恍惚
■テレビ朝日「早河独裁」に社員たちの恍惚
■早河テレ朝に「朝日新聞」お手上げの惨状

《新あの人の自宅》
テレビ朝日ホールディングス・ 篠塚浩社長

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

日本製鉄「USスチールに2兆円」空中分解必至の無謀な「巨額買収」

産経新聞「販売局コンプラ崩壊」も知らんぷり

植田日銀が画策する「福井元総裁並み」利上げ

JT ロシアに4000億円納税する「世界最大の戦争支援企業」

読売新聞「ナベツネ不在新年会」の〝しらけムード〟

沢井製薬「新たに発覚した」不正処理疑惑

日本郵政・増田社長「料金値上げ」の経営失策

佐高信 vs. 石破 茂「石破茂は田中角栄の〝感覚〟を受け継いで決起せよ‼」

エネオス社内で囁かれる「脱・杉森」クーデター説

日大理事長・林真理子へ「断筆」のススメ