ZAITEN2024年01月号

scopeZ

読売新聞「部数押し付け」「幹部の女性問題」に怒り殺到

カテゴリ:TOP_sub

「ZAITEN12月号の『読売新聞「販売店の惨状浮き彫り」ジリ貧の現在地』の記事を受けて、読売新聞東京本社の販売局内では箝口令が敷かれました。販売店からの問い合わせにも『一切答えてはならない』と指示が出ています。記事でのご指摘通り、販売店の経営は深刻な状況で、倒産は今後も加速度的に増えるのではないかと危惧しています」  

 局内で箝口令が敷かれたと話すのは読売新聞関係者。本誌は前号にて、関東の販売店で経営権の返上が相次いでいることを伝えた。読売新聞は業界最大の部数を誇り、24年に創刊150周年を迎える。しかし、その実態は販売店への部数の「押し付け」だ。販売店は部数の減少や折り込みチラシの急激な減少によって収入が激減しているにもかかわらず、強制的に仕入れさせられる「押し紙」によって赤字経営を余儀なくされている。さらにコロナ融資の返済が始まったことで、返済ができなくなった販売店の廃業ラッシュが起きている。  

 本誌が販売局員によるグループ会社社員への「放尿事件」を報じて(23年6月号)以降、関係者からたびたび情報が寄せられていたが、前号に掲載した記事の反響は大

 きく、発売後まもなくして多数の情報が寄せられた。それらの情報は、本誌が伝えた以上に悲惨な状況を訴えるものだった。  

 そのうちの1つが販売店の経営者が自己破産しているケースが多いというものだ。

......続きはZAITEN1月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

丸ノ内ホテル「お釣り渡し忘れ事件」に学ぶ危機管理

ヒューリックが掴んだ「東郷神社土地ビル」の大惨事

あおぞら銀行「巨額赤字」で公的資金再注入の懸念

三井住友信託「CBJ問題」で旧住信支配の終焉

富士通「英国郵便冤罪事件」にみる歴代トップ〝不作の系譜〟

石油資源開発「経産省主導」〝焼け太り〟再編へ

【特集】「歴史は繰り返すJAL・JAS統合の怨念史」

佐高信 vs. 藤井 聡「今こそ〝財務省タブー〟に斬り込む時だ」

【特集】JAL〝ニセJAL〟鳥取社長誕生 赤坂院政で権力闘争再燃

日本製鉄「USスチールに2兆円」空中分解必至の無謀な「巨額買収」