ZAITEN2022年05月号

東京新聞が「P担記者廃止」の淋しいリストラ策

カテゴリ:事件・社会

 東京新聞が4月1日から東京地検特捜部の担当記者(P担)を外した。今後、同紙の司法クラブは裁判と法務行政が取材の中心になるという。P担は政治家の疑獄事件などでスクープを追う社会部の花形。ただ、これで事件の本筋を追う原稿は通信社頼みとなるため、OBからは「東京新聞の社会部は終わった」との声も上がる。  

 同紙のP担経験者と言えば、日本アカデミー賞受賞「新聞記者」原作の望月衣塑子記者がそう。担当中には、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑をスクープして面目を施した。古くは『検察秘録』の筆者で名代として知られた故村串栄一氏も在席。歴代社会部長の多くもP担経験者で、同紙の名門とされる。
 
......続きはZAITEN5月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】ヤフーニュース〝締め付け〟で求心力低下

日立プラントの「詐欺的契約」に下請け"悲憤"の告発

北海道大学元総長「解任の謎」と「1日復学打診」の怪

漫画アプリ「ピッコマ」韓流社長にパワハラ疑惑

北村滋も絶賛した幻冬舎「内閣情報調査室」盗用の顛末

大阪IRゴリ押し維新にリーガルチェックで違法性指摘

東京新聞が「P担記者廃止」の淋しいリストラ策

【特集】週刊誌に迫り来る「2027年の壊滅」

テレビ朝日「地方局リストラ」にフジが相乗り

韓国大手銀行「日本で太陽光投資」の実態