ZAITEN2022年02月号

佐藤会長、坂井社長、藤原頭取ら辞任…そして誰もいなくなる。

【特集】みずほの「成れの果て」

カテゴリ:企業・経済

2202_特集1 みずほ_扉.jpg

11月末、みずほフィナンシャルグループにようやく金融庁の行政処分が下った。システム障害を多発させたみずほ銀行を断罪する内容だったものの、遅きに失したという他ない。本誌は再三にわたって、みずほのガバナンス問題を取り上げてきたが、その核心は日本興業銀行、富士銀行、第一勧業銀行の旧3行の内部対立である。そして、不祥事を奇貨としてグループ支配を確立した旧興銀勢の横暴がみずほの崩壊を招き、お飾りの社外取締役たちがそんな歪な支配に正当性を与えてきた。トップたちの退場で果たして、朽ちたメガバンクは再生するのか――。悲観的にならざるを得ない。

【ラインナップ】

旧興銀支配10年 みずほの成れの果て

みずほ佐藤康博「財界活動自粛1カ月」のツラの皮

誰も追及しない「みずほ社外取締役」の大罪

みずほ「取材が入ったら即撤去」支店の故障時計

WANTED「急行争いはウソ」と豪語したみずほ元広報部長

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

SBI北尾「令和の政商」に〝高転び〟の予感

LINEヤフー「個人情報漏洩」で露呈した苦肉の合併

「日本を蝕む製薬企業」の闇

【特集】エネオス「コンプラ崩壊」の惨状

エースコック「持続可能性」をはき違えた新商品

木原みずほ「メタバース市場参入」の誇大妄想

国策半導体「ラピダス」巨大工場「IIM‐1」建設に人手不足の懸念

東京電力「原発国策会社化」計画の白昼夢

SBI生命「小野社長独裁人事」で社内崩壊

読売新聞「販売店の惨状浮き彫り」ジリ貧の現在地