ZAITEN2022年07月号

総括審議官が電車内暴力で「財務省」次官シナリオに風雲

カテゴリ:事件・社会

「大ショック」。財務省幹部が口を揃えるのは、総括審議官の小野平八郎(1989年旧大蔵省、現在は官房付)が電車内で乗客を殴ったとして警視庁に逮捕された件だ。「平成入省組初の次官」が有力視されたが、その目がほぼ潰えてしまった。  事務次官人事は、現職の矢野康治(85年同)が今夏に勇退し、主計局長の茶谷栄治(86年同)が昇格。次を現官房長の新川浩嗣(87年同)が襲うのが既定路線だ。問題はその後。かつては岸田文雄首相秘書官を務める主計畑のエース、宇波弘貴(89年同)が最有力候補だった。  

 だが、前職の主計局次長時代に元次官の太田充(83年同)と組んで安倍晋三政権(当時)の官邸官僚に阿り、財政の大盤振る舞いを許したことで、歴代次官や部下から総スカンを食らった〝黒歴史〟を持つ。

......続きはZAITEN7月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

日本ハム「茨城工場C100人が偽造在留カード」の異常事態

総括審議官が電車内暴力で「財務省」次官シナリオに風雲

〝安倍のパシリ〟となった「朝日新聞記者」の新ビジネス

森下仁丹〝仁〟なき障害者雇い止めの横暴

トッパン「役所の無知」に群がる官公庁ビジネス

【特集】ヤフーニュース〝締め付け〟で求心力低下

日立プラントの「詐欺的契約」に下請け"悲憤"の告発

北海道大学元総長「解任の謎」と「1日復学打診」の怪

漫画アプリ「ピッコマ」韓流社長にパワハラ疑惑

北村滋も絶賛した幻冬舎「内閣情報調査室」盗用の顛末