ZAITEN2024年02月号

岸田自民を襲う特捜部、話題の出版社の 次の一手、作家女史の逸話、キー局カネ事情…

特ダネ記者「放言座談会」

カテゴリ:インタビュー

 毎年、年内最終号の座談会は1年を振り返るのが定番なんですが......。

 現在進行形で状況が刻々と変化していますからね。とりわけ永田町界隈はいよいよといった感じ。

 自民党派閥のパーティ券に絡んだ裏金問題だが、12月13日夕方に首相会見があり、13~14日にかけて松野官房長官をはじめ閣僚の辞任が報じられた。

 14日の段階で、東京地検特捜部は安倍派の5年分のパー券出納簿を押収済みと噂されています。

 さらに年末にかけては、安倍派、二階派の幹部全員の事務所と自宅に家宅捜索、事務総長経験者全員に事情聴取がはじまると見られていますね。

 政策の課題からスキャンダルまでさまざまな批判がされながらも、〝なにもしない〟という荒業で乗り切ってきた岸田も万事休すといったところか。

 政権支持率は10%台まで下がっており、自民党の政党支持率も下落が止まらない。2024年は年明けから〝岸田降ろし〟がはじまるでしょうね。

......続きはZAITEN2月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

特ダネ記者「放言座談会」

【著者インタビュー】『情報公開が社会を変える』

小泉悠「国際秩序を維持するためのウクライナ戦争の出口戦略」

佐高信 vs. 寺田俊治「メディアは『反体制』の人で構成した方が健全だ」

小塚かおる「安倍晋三 vs. 日刊ゲンダイ」

【著者インタビュー】『日本企業はなぜ「強み」を捨てるのか』

佐高信 vs. 鎌田慧「危険地帯に赴くのがジャーナリストの仕事」

特ダネ記者「放言座談会」

【著者インタビュー】『ジェンダー目線の広告観察』

【特集1】厚労省・医系技官による「コロナ禍失策」という敗戦(医師 上 昌広)