ZAITEN2024年03月号

自民党派閥崩壊、震災、航空機炎上事故、吉本・松本性加害疑惑、業界小話……

特ダネ記者「放言座談会」

カテゴリ:インタビュー

 2023年末から尾を引いた自民党派閥の裏金問題と『週刊文春』の年内最終号で第1報が報じられたダウンタウン松本人志の「性加害疑惑」が年初も賑わすかと思いましたが......。

 元日からの能登半島地震が発生し、翌2日は羽田空港でのJAL機の炎上事故となんとも慌ただしい正月となった。

 周囲でもただでさえ忙しい年末年始ですが、「こんなに仕事をしたのは初めて」と漏らすフリー記者がいました。1日の地震発生直後に石川県に飛ばされ、2日の夜には羽田にいたそうです。紆余曲折のすえ、都内の自宅に戻ったのは成人の日だったとか。

 20年以上業界にいる記者から「こんなに忙しい元日は12年以来」と聞きました。

 12年の元日といえば、オウム真理教の指名手配犯・平田信が11年末の日付が変わる直前に出頭した時。今回の地震と航空機炎上事故はそれに匹敵するインパクトがあったな。

 現場の忙しさで言うと、裏金問題も松本の文春報道もありましたから、例年よりも輪をかけて忙しかった印象です。

 こうした突発的な大事件、大災害の時って、記者の「たたずまい」が試されますよね。

C 上から呼び出しがある前に率先して会社に行くべきって話か?

 とはいえ、「働き方改革」が叫ばれて久しい昨今ですからね。用もないのに休日出勤は憚られるところ。

 実際問題として、ある全国紙社会部記者の話ですが、「東京で何ができるわけでもなく、社内でなんとなく仕事をしている〝フリ〟をしているだけ。そんな記者は山ほどいた」とか。

 業界の働き方改革の道は遠く険しいな。


......続きはZAITEN3月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

佐高信 vs. 石破 茂「石破茂は田中角栄の〝感覚〟を受け継いで決起せよ‼」

特ダネ記者「放言座談会」

特ダネ記者「放言座談会」

【著者インタビュー】『情報公開が社会を変える』

小泉悠「国際秩序を維持するためのウクライナ戦争の出口戦略」

佐高信 vs. 寺田俊治「メディアは『反体制』の人で構成した方が健全だ」

小塚かおる「安倍晋三 vs. 日刊ゲンダイ」

【著者インタビュー】『日本企業はなぜ「強み」を捨てるのか』

佐高信 vs. 鎌田慧「危険地帯に赴くのがジャーナリストの仕事」

特ダネ記者「放言座談会」