ZAITEN2024年06月号

業界団体会長企業としてあまり無責任な対応

GE薬協会長企業「高田製薬」の無責任な火事場泥棒

カテゴリ:事件・社会

 後発薬の業界団体である日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)が本気で医薬品不足解消に取り組もうとしているのか、疑問を呈する声が上がっている。足元でも続く医薬品不足は、日医工などの大手後発薬メーカーで製造・品質不正が相次ぎ、十分な量が供給できていないことに起因する。そのため、後発薬各社は増産投資を行うなどしている。しかし、 GE薬協会長企業である高田製薬が明確な姿勢を打ち出しておらず、「業界団体トップとしての自覚と責任はないのか」(医療関係者)と厳しい批判に晒される始末だ。  

 2021年に後発薬業界大手の一角を占めていた日医工が製造・品質不正で業務停止処分を受けたことを契機とする医薬品不足は、今に至るも解消していない。業界内の需給バランスが崩れたことが大きく、本誌が報じたように昨年には、東和薬品と業界トップを争う沢井製薬でも不正が発覚したことも追い打ちをかけている。

......続きはZAITEN6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

スペースワン「ロケット爆発」でも懲りない豊田社長の来歴

ダイキンの「PFAS垂れ流し疑惑」報じない忖度マスコミ

議決権行使助言会社に存在意義なし

GE薬協会長企業「高田製薬」の無責任な火事場泥棒

大谷翔平は「アホ」か「大バカ」か?

オープンハウス「子会社建築事業」の〝悪辣スキーム〟

小林製薬「毒薬サプリ」を生んだ機能性表示食品

三井住友信託銀行〝問題役員〟の背後に旧住信派の影

みずほ銀行〝顧客軽視〟で出向先の現場は大混乱

井川意高の時事コラム『どの口が言う‼』7「老兵はただ消え去るのみ」