2021/03/01

大丈夫?

島根県 財政力最下位県が「意味不明広告」で税金の無駄遣い

カテゴリ:クレーム・広報

〈1月18日の読売新聞朝刊に「いいけん、島根県」という全面広告が掲載されていました。島根県の広告だというのは分かるのですが、何を言いたいのかよく分かりません。

 島根県は都道府県ランキングの様々な項目で下位に名を連ね、財政力も行政レベルも最低ランクとされていますが、こんな広告を出す予算がよくあったなと思います。この広告を見る限り、公費の無駄遣いをしているようにしか見えません〉(読者のメールより)

 地方自治体が読売新聞朝刊にカラー全面広告とは。この1回分だけでかなり高額な広告費が使われたことが推測される。

 広告には「自分のサイズで、生きていい。人生にフリーサイズなんてない。心地いい生き方は人によって違う......」と、ポエムのような言葉が並び、「なにげない毎日のふとした瞬間も自分の人生を。自分のサイズで。いいけん、島根県」と結ばれる。確かに、何を伝えたいのか分からない。

......この続きは「ZAITEN」4月号でお読みください。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

フマキラー 食文化を破壊する「食品用アルコール除菌フードキーパー」

読売新聞 料理の記事の下に「排便」強調広告を配置

島根県 財政力最下位県が「意味不明広告」で税金の無駄遣い

三鷹市役所「駅前公衆喫煙所」が象徴する民度の低さ

日本ロレアル フタが開かない 「白髪染め用シャンプー」

【特集】コロナに笑う「便乗企業」

【特集・コロナ便乗企業】コロナ禍で増える消費者庁案件

【特集・コロナ便乗企業】「ウイルス除去」を謳う脱法スレスレ企業

【特集・コロナ便乗企業】大幸薬品「雑貨」で逃げるインチキ商法