2021年04月号

何て答えるの?

読売新聞 料理の記事の下に「排便」強調広告を配置

カテゴリ:クレーム・広報

 最近、節操ない下品な新聞広告が増えている。新聞の発行部数が減っている上に、コロナ禍で企業の業績が低迷しているために、広告の出稿が減少し、掲載の審査基準が甘くなっているのが主な原因だ。かつては、新聞に広告が掲載されるということは、新聞社の厳しい審査基準をクリアした優良広告とみなされていたが、その考えは捨てるべきだ。

〈先日、朝食を食べながら読売新聞の「くらし面」を見ていた時の ことです。おいしそうな餅の入ったおしるこや、エビの炒め物の記事を読んでいたのですが、その下に信じられない広告が出ていたのです。

 健康食品の広告なのに、やたらと「排便」という文字を強調しているのです。私はなんで料理の記事のページに排便の広告を出しているんだよと、腹立たしくなりました。よく見ると1部上場企業の森永乳業の広告ではないですか。

 この広告を見る限り、森永乳業の健康食品を食べれば「便がドッサリ出る」ということを伝えたいのでしょうが、食べ物の記事が載る紙面にこのような広告を掲載するのはやめてもらいたい〉(読者のメールより)

 広告が掲載されていた読売新聞のくらし面を確認すると、料理の記事が写真付きで掲載されているのに、その下段広告に大きく「排便」の文字が。

 問題の広告は森永乳業の「森永ビヒダスBB536」のものだった。それにしても、スポーツ紙や週刊誌であっても、食べ物の記事の横に「排便」の文字を配置しないよう配慮するだろう。

......続きは「ZAITEN」2021年4月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

ウーバーイーツ「危険運転配達員のクレームは警察へ」と案内!?

ベルーナ 景表法違反チラシをバラ撒いた無責任企業

千疋屋総本店 フタを開けると手がベタベタ 老舗の〝高級プリン容器〟

【全文公開】KDDI 料金センターから「死亡者」宛て請求電話

消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

フマキラー 食文化を破壊する「食品用アルコール除菌フードキーパー」

読売新聞 料理の記事の下に「排便」強調広告を配置

島根県 財政力最下位県が「意味不明広告」で税金の無駄遣い

三鷹市役所「駅前公衆喫煙所」が象徴する民度の低さ

日本ロレアル フタが開かない 「白髪染め用シャンプー」