惨状に陥ったメガファーマ

武田薬品で始まった「高額退職金リストラ」

カテゴリ:企業・経済

takeda_iwasaki.jpg

岩崎真人取締役(武田薬品HPより)

 本誌前号で詳報した武田薬品工業。将来を担う若手・中堅人材までを追い出す窮状ぶりだが、7月上旬には国内営業部門の社員を対象に、希望者に対して早期退職や転職を支援する「フューチャー・キャリア・プログラム」の導入を発表している。「変革を支えるための組織力の向上を目的とした人事制度」と銘打たれた同プログラムだが、その実態は40~50代社員の退職強要に他ならない。

 現在、2000人強の営業部門社員から1000人を目標に人員削減を実施する上、コンサルティング会社には、パソナが選定されているという。

 実際、社員面談の現場では、他の経営不振企業と変わらないリストラが進められている。

......続きはZAITEN2020年11月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営【5月13日全文無料公開】

NEXCO東日本「住民分断」の陥没事故対応

【NHK特集】NHK渉外グループ「永田町・総務省」接待の流儀

みずほ「ゆるキャラCM」はいい加減にしろ!

藤田観光に迫る「椿山荘も売却」の窮状

【NHK特集】「公共メディア」とは程遠い現状と構造問題

みずほ証券子会社「暴走社長」と"お気にのオンナ"

みずほ証券「退職者に留学費用返せ!」の赤っ恥訴訟

天馬「骨肉の争い」にグレーなディール

みずほシステム障害で坂井が「日立」に猫パンチ